希望の国の えクソ出す

こんにちは。

youtubeで、宮迫さん田村さんの記者会見を見て、なんとも言えない気持ちになり、これまでの ”芸能人の芸能界コミュニティ離脱" について時系列にまとめてみた。

闇営業発覚から明るみになった、吉本興業のブラック体制〜業界の縮小による囲い込み、コンプライアンス地獄とそれによる隠蔽工作、芸人への圧力や奴隷化というくだりは、例の電通の高橋まつりさんの事件と酷似していて、副業時代の現在、会社人/フリー を問わずいつでも起こりうる事件だと思った。

芸能人は一見特別な世界の住人に見えるけど、彼らも一職業人。「がんじがらめのムラ社会からの離脱 → 自立」 という構造は、もはや他人ごとではない。

コミュニティからクソ出し、いや追放されるか、離脱するか。いずれにせよ「新世界」は外にしかないから、きっかけはどうあれ、脱出(EXODUS)は必然だったと思う。

今回の記者会見はかつてのスマップの謝罪会見(という名の公開処刑)を思い出したが、テレビという大きな虚構の物語が終焉に向かいつつある現在、大阪人(というより北摂人)の不器用なアホさ(→関西人にとってアホは褒め言葉です)も手伝って、アップデートされたな、と思った。

宮迫さんは茨木出身で、地元高槻にある金光高校、田村さんは高槻出身で芥川高校卒。北摂チーム、応援しています。


また、この記者会見は、村上龍さんの『希望の国のエクソダス』を思い起こさせた。改めて読み直そう。


#宮迫 #田村亮   #記者会見   #youtube  #吉本興業   #村上龍   #希望の国のエクソダス

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しい! ありがとうございます!
5

MOTOKO oshima

写真によるまちづくり、ローカルフォト主宰。 活動範囲は、小豆島、長浜市、真鶴町ほかいろいろ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。