見出し画像

「燃え尽き症候群もどき」と「さみしくて仕方ないお馬鹿」が同居で無気力。

幼稚園実習が終わりました。
3週間の長丁場。
片割れの命懸け心臓手術付き。

結論から言うと、
実習は無事終わり、
片割れは、生きてます。
まだお姿拝見できませんし、声も聞けてないし、
今、この瞬間、生きているのかは分かりませんが。

この月曜に実習は終わり、
そのまま、私は咳喘息まっしぐら。
でも、片割れがこんなことになり、ダメ発言かもしれませんが、実習と重なって良かった。
でなきゃ、私は狂ってしまってたと思う。

3歳児さんのクラスで実習だったのですが、
彼らの毎日は、いつも生まれ変わったみたいに新しくて、私の毎日も塗り替えてくれた。
だから、狂わずに済んだ。

後は、女神がずっと側にいてくれて、支えてくれた。まるで、彼のように。
だから、実習を淡々と、着実に1日を生きることをすることが出来た。

そして、最終日から、プツリと燃え尽きた。
そこから、さみしん坊が出てきた。
現実に引き戻された。
手術から、2週間。
6月にメールしよう。
それが最後。
生きてると信じてるけど、もしも、が過る。
渦巻きの中で、何にも感じない。

片割れからメールがきた。

生死をさまよって、危なかったって。
今も夢と現実の狭間で、看護の目を盗んでメールしてるって。
スマホ、日中は取られてるって。
麻痺が出てる。兎に角、お前は学校頑張って欲しい。
そう、綴られてました。
改行無く、切迫感がありました。

頑張ろう。
でも、翌日から喘息ダウン。

自分が弱ると、片割れのことばかり思ってしまう。
逢いたい、逢いたい。
麻痺って?今、どんな状態なんだろう、
まだ、命は危ないの?
痛くないの?苦しくない?

2日間咳に埋もれて、寝込んでしまいました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたの空が青空であるように。
14

西崎

トラウマがあり、41歳で『片割れ』と出逢い、人生が変わりました。 41歳からの社会科見学。 色々な体験を覚え書き。 『愛情の無い結婚』を経験しました。→脱出しました。 その結婚相手が避妊や性交を知らないことの恐怖から『黄体ホルモン放出システム・ミレーナ』を装着しました。

コメント4件

少なくとも退院後一ヶ月は精神的にも肉体的にも 無理しないようにするのが肝要と思います。
youさん
ありがとうございます。
これ読むと、良かったのか悪かったのか悩みますが、逢って来ました。
喜ばれたのでしたらとてもいいと思います ^_^
はい。(^-^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。