【思考の正確性1】「日本人は几帳面だ」型の文の解釈1

 「日本人は几帳面だ」といった話を聞くと、「いや、そんなことはないでしょ。几帳面じゃない日本人なんていっぱいいるよ」と思う人は少なくないと思います。

 これはいわゆるステレオタイプや典型と呼ばれるものですね。普通に考えて日本人がみんな几帳面なわけはないし、江戸っ子がみんな気前がいいわけでもない。話すとき目が泳ぐからといって嘘をついているとは限らないし、前向きな性格の人が成功するとは限らない。どれもそういうイメージというだけの話です。

 しかしこの「日本人は几帳面だ」型の断定文は、場合によっては私たちの判断を誤らせることがあります。たとえば「こういう奴は絶対に失敗する」といった主張を耳にすることがたまにありますが、こういった強い信念の文も「日本人は几帳面だ」型の一種と言えます。

この続きをみるには

この続き:1,311文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

「自分は頭が悪い」 そう思っている人は、騙されたと思ってこれを読んでみてください。ちょっとだけ頭がよくなるかもしれませんよ。

または、記事単体で購入する

【思考の正確性1】「日本人は几帳面だ」型の文の解釈1

仁藤欣太郎

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仁藤欣太郎

自分は頭が悪いと思っている人のための、ちょっと頭がよくなる話

「自分は頭が悪い」 そう思っている人は、騙されたと思ってこれを読んでみてください。ちょっとだけ頭がよくなるかもしれませんよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。