総合的な「頭のよさ」を決める3つの条件

 さて、総合的な「頭のよさ」を決める条件にはどのようなものが考えられるでしょうか。こういうときはまず、主要なものを3つほど挙げるとわかりやすかったりします。そこで、私が考える総合的な「頭のよさ」の条件は以下の3つです。

1、思考の正確性

2、思考の妥当性

3、思考の有用性

 「1、思考の正確性」は、誤解や勘違いをできるだけ避け、ものごとをできるだけありのまま捉えることを意味します。「2、思考の妥当性」は、ものごとに対して適切な対処法を選び出すことを意味します。「3、思考の有用性」は、その思考を用いることで何らかの利益が生まれることを意味します。

 最初はこの三つの条件に絞って進めるといいでしょう。誤解を避けるために補足しておくと、「3、思考の有用性」における「何らかの利益」というのは、金銭に限った話ではありません。その思考を用いることで幸福感を得られるとか、よき友を得られるといったことも「利益」に含めます。ここはかなり広い意味でとらえてください。

この続きをみるには

この続き:1,968文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

「自分は頭が悪い」 そう思っている人は、騙されたと思ってこれを読んでみてください。ちょっとだけ頭がよくなるかもしれませんよ。

または、記事単体で購入する

総合的な「頭のよさ」を決める3つの条件

仁藤欣太郎

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

仁藤欣太郎

自分は頭が悪いと思っている人のための、ちょっと頭がよくなる話

「自分は頭が悪い」 そう思っている人は、騙されたと思ってこれを読んでみてください。ちょっとだけ頭がよくなるかもしれませんよ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。