擬態と自然体の間で―はるな檸檬さんインタビューの感想―

私はまだ学生の身分で、比較的自然体なままで暮らせていると思う。
誰かに何かを強要されることも無い。楽しそうじゃない場には行かなくていい。関わりたくない人とはすぐに距離を置ける。
他の大学院は知らないけれど、私が所属している研究科は本当に個人主義で、孤独と隣合わせである反面、自分の好きなように過ごし方をアレンジすることができている。

自覚は無いのだが、私は相当に芯が強い方のようだ。高校の時、一言くらいしか交わしていない英語教師が私のことを「芯が強いね」と評していたらしいし、最近知り合いの知り合いにESを見てもらったら、私に会ったことも無いのに「芯の強そうな人だなあ…」と呟いていたらしい。
どこからそんなオーラが漏れているのかはわからないが、ごまかしようがないくらい、文章に滲み出てしまうくらい、なのだ(だからきっとnoteにも滲み出ている)。

別に周りの人に合わせないとか、頑固なわけではない。場を盛り上げようと一緒にいる人に合わせて話すこともある。無理なく楽しめる範囲で。そしてそれは多分、ずれてはいないはずだ。少なくとも周りに嫌われてはいないと思う。「個人行動が好きだけど、集まりに呼んでも普通に馴染んでる人」というポジションを確立できている(と信じている)。

そんな風に振る舞えているのは、幼い頃、周囲の反応を細かく観察していたからだ。今でもよく覚えている。誰がどんな話が好きか。どんな性格で、どんな時になんて答えれば自分の印象が良くなるか。常に周りに気を遣って、頭をフル回転させていた。

「芯が強い」私にそんな生活が長く続くはずはなくて、次第に自己主張をするようになっていく。細かい過程は省くが、今の振る舞い方は「周囲の空気を読む」スキルを早い段階で身につけ、次第に「自己主張する」ことに軸を移していった結果だろうと思う。

昨日、下の記事を読んだ。

『ダルちゃん』は連載中から追いかけていた。あまり共感はしなかったけど、こんな風に生きている人が、世間にはたくさんいるのだろうなと思っていた。

著者であるはるなさんの言葉には、いくつか共感したものがあった。

「普通」って、存在しない幻のようなもの
自分と全然考え方が違う相手に「あーあ」とは思うけど、ここで戦ってこの人を傷つけても仕方がないし、いっちょ擬態しとくか、という感じ。擬態って、ちょうどいいバランスで使いこなせれば、社会生活を営む上で便利ですから。

私も「『普通』なんて人によって違う」と思っている。自分の当たり前が通用しない人なんて、掃いて捨てるほどいる。自分の「普通」と違っても、問題が無ければ「あ、この人はそうなんだな」と流すことが多い。

「戦ったってしょうがない」という言い回しもよく使っている。私はそういう自分を「めんどくさがりだなあ」と思っていたのだが、社会をうまく泳いでいくために必要なこと、とポジティブに捉え直せるかもしれない。

一方で、うまいことその場を取り繕う「擬態」にも限界はある。どこまでその場に合わせて、どこからは自然体に従えばいいのか。言い換えれば、どこまで自分を抑えて、どこからは自分を貫くのか、ということだ。
はるなさんはOL時代、プライベートな質問をしてくる人に遭遇したら、「雨が降ってきた」と思うことにしていたらしい。

雨が降ってもいちいち傷つかないですよね。それと同じで、「あぁ~、どうなんですかねー!」とか適当に言っておいて流す。心は動かされず、無の状態になるようにします。
どこまで擬態するかは自分で納得してやっていないと、きっと苦しくなってしまいます。
本当に単なる「ツール」でしかありません。当たり前のことですが社会にはいろいろな考えの人がいて、その場でお互い気分よくコミュニケーションを取れればいい、という場面もあると思うんです。どんなに嫌なことを言ってくる人でも、いいところだってあるだろうし。うまく擬態を使いこなしつつ、自分も納得できるいい塩梅を探すというか。

私は普段、「怒るべき時に怒る」、「言うべき時に言う」ことはとても大切だと思っているから、その場を乱してでも自分を貫くことをむしろ意識している。
とはいえ、就職したらそうも言っていられない場面もたくさんあるだろう、と今から戦々恐々としていた。

「雨が降ってきた」という表現はいいな、と思う。私はデリカシーの無い人に遭遇すると割かし素直にいらっとしてしまうのだが、どうでもいい相手ならこう考えればすんなり流せるかもしれない。

そして、「いっちょ擬態しとくか」というスタンスも積極的に取り入れていきたい。
周りに合わせても、それは私が自分の考えを捻じ曲げたわけではない。
その場をうまく流すために「擬態」という技を使っているだけだ。
それを自分でわかっていれば、自分の納得感があるし、我慢できるかもしれない。

どこまで擬態でしのげるのかは、これからバランスを探っていこう。
もし自分が納得いくバランスでうまくやっていけない時が来たら、その時は環境を変えるなり、バランスを見直すなりすればいいか…とひとまず安心している。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます。 スキやコメントもらえると飛び上がって喜びます。 スキは非会員でも押せますよ。 フォローやシェアもよければお願いします。

ありがとうございます!ばりばり書きます!
10

ニワオニコ

地方で暮らす文系大学院生です。就活、日常の中の気づき、セルフケアが主なテーマ。ふわふわしたことからオピニオン的なことまで振れ幅広めに書いています。なるべく毎日更新(17‐19時頃)します。Twitter→https://twitter.com/niwaonico
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。