不感症*恋愛講義 第一回「寂しさを解決するには」

︎解説

このコラムは、「ネット上に溢れる恋愛の悩みをざっくり拾って、勝手に恋愛講義をしよう」という主旨の記事です。

ちなみに投げ銭スタイルの記事です。最後まで無料で読めます。

イントロダクション

こんなコラムを始めようというからには恋愛経験豊富なのだろうと思われるかもしれないのですが、私は「恋愛感情の持ち合わせがない」ということをセクシャリティとして公言している人間です。

まあこの30歳という年齢に至るまで恋に落ちたことがなく。25歳の時に、自分はそういう人間なのだと覚悟して、それをセクシャリティとして名乗るようになりました。恋愛感情はなくても性欲とか性的指向はあるのが厄介なところで、下心100%で言えば今すぐ彼女がほしいです(笑)

このセクシャリティの名前が何かないものかとずっと探してたんですが、最近「aromantic(アロマンティック)=恋愛感情がない」と書かれているものを偶然発見したので、どマイナーだけど全く定義されていないわけでもないようです。

そんな私がなんで恋愛講義なんつーものを書こうと思ったかというと、自分のこの特性は一体何なんだ、と考える中で、恋愛というものを人一倍分析し、恋愛の正体について熟考しているうちに、なんか自分恋愛語れる気がする、という思い込みが芽生えてきたからです。恋愛の外側にいる人間からは、世の恋愛はこんな風に見えてるんだよという一端をお見せできるかなあ、などとも思いつつ、さらに考察を深めてみようかと考えています。

世に多い恋愛の悩み

とりあえず、世の中の人は恋愛のどんなことで悩んでるんだろう、と、ネット上の悩み相談をざっくり検索してみました。

見ていると、どうも、「寂しい」というのが多いようですね。

恋人が忙しくて、受験で、つれなくて、理由はさまざまですが「連絡をくれない」「会えない」「寂しい」。うわー、これ私が一番わかんないやつだーーー

のっけから挫折ムードです。この「寂しい」って感情が一番私わかんないっす。やべえ、偉そうに恋愛語れる気がするとか言って第一回から挫折しそうですよ。なんで世の中の恋愛者の人たちはあんなに寂しいって言うの?

「︎寂しい」と感じる理由

その気持ちを想像してみるために、私自身が寂しいと感じた時のことを思い出してみようと思います。

思い出されたのは、前の会社に勤めていた頃に、一人で出張した地方都市で、妙に寂しい気持ちになったことでした。特に、閑散とした空港や駅の寂しさといったら。地方だと、空港とか新幹線の発着する立派な駅でも、時によっては人の姿がほぼないということがあります。そんな場所に一人でいる時のじわじわと肌に染み込んでくるような抗いようのない寂しさは、ちょっと泣きそうになりました。

︎寂しさとは身の置き所のなさ

考えてみると、人間って、自分の居場所が確立されていない時に寂しさを感じるものなのかもしれません。私が感じた寂しさも、知らない土地で一人ぼっちにされた身の置き所のなさからくるものだったように思えます。

私の友人に何人か、「自分は孤独だ、寂しい」としきりに言う人がいます。しかしよくよく話を聞いてみると、それなりに親しく話せる人が複数人いて、ちょくちょく会っていたりするのです。寂しいなら私が話を聞こうと思い会ってみても、私ではその人の寂しさは解決できないのだと、次第に気付いていきました。

きっと寂しさというものは、本人以外の誰かが解決できるものではないのでしょう。

本人が、今この世界に自分の居場所がない、自分の存在や立場が不安定で心許ない、と感じているかぎり、誰とどれだけ頻繁に会っても、抱えている寂しさを完全に埋めることはできないのだと思います。

︎寂しさを解決するには

もしも、恋人と会えないことで「寂しくて仕方がない」という気持ちがあまりに強く、常につきまとうとしたら、それは恋人と会えないことよりも、自身が今、居場所を失っている、置かれている立場や状況に不安を抱いている、といったことが原因なのかもしれません。

そういう身の置き所のなさを解決するのは、簡単ではないと思います。染み付いた自分自身に対する否定的な感情を取り去り、ありのままの自分を自分で肯定できるようになる。場合によってはカウンセリングが必要かもしれません。

もし恋人や友人に何かを求めるなら、「寂しい、会いたい」と言うよりも、「今の不安を解消したい」「自分に自信を持ちたい」などと話してみるのが良いのかも。その時親身になって一緒に考えてくれる人は、きっと人生の中で本当に大切にすべき人になるんじゃないかと思います。

︎でもそれ、寂しさじゃないかもしれない

でもね、私も以前、付き合っていた相手が連絡をくれないことで悩んでいたことがあるんですよ。しかし、その時の私の感情は寂しさではなく、「不公平さに苛立つ」という感じでした。

自分ばかりがこの交際関係を維持するためにたくさん努力していて、相手はいっこうに努力してくれないという苛立ち、モヤモヤ。連絡をくれない恋人に対する気持ちは、こっちも多いような気がします。

︎結局話し合いしか…

そういう場合の解決法は、くそ真面目かもしれませんが、やっぱり話し合う他はないのかな、と思います。

でも、私は話し合えませんでした。何度かこの状態はなんなんだろう、本当に付き合ってるといえるんだろうか、と考えて、話し合おうと試みたこともありましたが、上手くいかず、結局「ヨッシャ別れよう!」ということで一方的にスッキリしてしまいました。

話し合うことが一番だけど、話し合えないなら別れるって逃げ道も、一つの道だと思います。

不思議なことに、その時付き合っていた人のことは、苛立っていた時も、別れた時も、今も、「人間としていい人だな、好きだな」と思う気持ちは変わっていません。元々恋愛感情がなかったせいで、どこかドライな部分があるのかもしれません。

しかしそれを踏まえてもやっぱり、上手くいかなかったのは相手が一方的に悪かったのでなく、私たちが「話し合えない2人」だったんだと思うのです。話し合えない2人なら、やっぱり付き合っていくのは難しかったのだと思います。

︎まずは自分自身を見つめることから

とりあえず、まずは自分の感情が本当に寂しさなのか、あるいは「寂しさ」が何割で、怒りや苛立ちやめんどくささなどの「他の感情」が何割なのか、よく見つめてみることが先決かな、と思います。

冷静さを失うのが恋愛というものだと思いますが、だからこそ、取り乱しすぎて本当に困った事態になった時には、自分としっかり向き合うことが大切なのではないかと。

一人ではとても向き合えそうもない、と思ったら、誰かに相談してみるのも良いと思いますが、その際には、私情を挟まずに客観的に考えてくれる相談相手を選ぶことが必須です。恋人や家族は一緒に取り乱してしまうので、この場合は不適かと思います。悩みの種である恋人自身に何か話すのは、自分の中である程度整理してからでもいいんじゃないかと。一度しっかり整理して、恋人と何を話し合うべきかが分かったら話し合えばいい。

ま、でもそれがその通りできたら苦労しないっつー話ですけどね!計画通りに進まなくても、その都度自分の心に帰ってきて、自分自身と対話できればいいんじゃないかと思いますよ。何事も。

相談募集中

なんかちょっと最後放り投げ気味になりましたが、こんな感じでよければ恋愛相談お受けします。

恋愛不感症な人間から無茶なアドバイスをされたい危篤な方、ツイッター@niyari_niyariのメッセージか、ayano.ui@gmail.com までご相談お寄せください。

すべてのご相談に答えるかどうかは保証できません。状況が詳しくわかるように書いていただけるほどこちらも答えやすくなりますが、年齢・性別・ペンネームなどの記載の有無は問いません。

次回からもネットからざっくり拾った恋愛の悩みについて語ろうと思いますが、リアルなご相談いただけたら頑張って答えますよ。


※投げ銭スタイルの記事です。続きはありません。記事が面白かったらカンパを投げてもらえるとうれしいです。

この続きをみるには

この続き:0文字

不感症*恋愛講義 第一回「寂しさを解決するには」

宇井彩野

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

宇井彩野

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。