見出し画像

銀座線の乗降数を可視化してみた

画像1

駅の乗降数を可視化。
(noteは画像の拡大がうまくできない...)
乗降数に応じてmarginを変更。
乗降数の一番多い銀座を1として算出。
丸いノードは乗換駅
乗降数のデータは2017年東京メトロHPから

作成理由
先日乗換駅として渋谷駅を利用した時に
乗り継ぎのため別の線に移動しようとしたら
別の線に行くまでも行列ができていて、
電車の遅延がない状態であの混雑具合なら
乗換駅を次回から変更しようと考えて作成。

乗換案内のサイトを利用して、渋谷駅が乗換駅として
表示されたのですが、別の駅でも乗り換えられるのであれば
乗降数の少ない駅で乗り換えようと思ったので備忘録として作成。


画像プロパティ PNG画像 185KB 2750*2825

環境
windows10
Anaconda python3.7
jupyter notebook
matplotlib 3.0.3
graphviz 0.11


コード 
もっと良いコードがあるかもしれません。がコピペでできます。
乗降数が最も多い銀座駅を1として計算しています。

この続きをみるには

この続き:1,835文字

銀座線の乗降数を可視化してみた

niyuniuni

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしたいって思ってくれたらうれしいです!

スキって感じてくれてうれしいです!
2

niyuniuni

普段はPCもスマホも未使用の仕事をしています。noteはIT関連のことを書こうかな。 coconara https://coconala.com/services/803711
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。