面白い/興味深い/共感するnoteたち

30
ノート

日本のスポーツマネジメントと肖像権

自分は長らくエンターテインメントビジネスに身を置いて働いてきたのですが、辞めてから半年経ちまして。 その間ひとりでいろんなところをふらふら回っ...

文章(文脈)が読めない人は損なのか

こんな記事が出てました。未読の場合は、時間が読んであれば読んでいただいた上で、僕の記事を読んでいただけるとリンクしやすいかなぁと思いますが、別...

こころに持つ辞書が似ているひと

好きなひとたちの共通項のひとつに「違和感のあることばをつかわない」がある気がする。わたしにとってはとても、大切なこと。 数年前、とある男の子と...

誰かの評価のためじゃなく。

20代ラストのころ、文章を書くことにいろいろな葛藤をかかえていた。 当時のわたしは、ライティングまわりのことを広く仕事としはじめて数年が経ってい...

noteは情報を発信していくほど楽しくなる

こんにちは、うさこです。 noteでチョコ旅に関する記事を書き始めて約1週間。どんどん楽しくなってきたので、そのあたりを書き留めておきます。 そもそ...

文章書く人の本音

「自分の書いたものでたくさんの人を元気づけたい」とは、文章を書く人の多くが言っているような気がします。 私はそのほとんどが、彼らの心の奥底から...

Instagramでゆるゆるとフォロワー1000人。好きなモノがもっと好きになる発信

最近、インスタがどんどん楽しくなってきた、きよいち(@kiyoichi_t)です。 2年ほど前から続けていたインスタグラムのフォロワーが、先日、1000人を超...

「身近なおとな」が多様になったら

ちょっとした夢がある。 夢というか、時折ふと妄想してしまう、憧れのイメージみたいなものだ。 簡単にいうとそれは「気ままスタイルの週末カフェ」で...

有料の情報と問われるセンス

【有料コンテンツの変遷】 私はここ数年の間に、メルマガや、オンラインサロン、最近ではnoteの月額マガジンなど、ネット上の有料サービスを取っ替え引...

本を読まなかったことへの後悔

本を読む子どもではなかった。 周りに合わせて『かいけつゾロリ』や『ズッコケ三人組』を学校の図書館で借りてはみるものの、ほとんど読めずに、絵のあ...