「普通」であること

何々を極めたい!
は、「普通」からは
かけ離れないかも
しれないけれど

一番になりたい
目立ちたい
もてたい?
凄いことをしたい!

願望が目標が夢が

大きくなって
どれに向かっていく
過程で段々
他の人とは違う

何かが違ってくる

そんな状態に
近付いていくはず

そこで周りを見渡し
あ!やべ!?
出過ぎた・・・

と、引き返したら
「普通=平均値」へと
戻っていくだろう

全く気付かないか
気付いても夢を目標を
夢中になっていることを
追いかけていけば

めでたく?
気付けば「変わった人?」
尋常じゃない
スゴい人に

成れるのかもしれない

どうせ元々
人それぞれ

絶対に「普通」の人は
存在しないはず
みんなが違っているけど
平均値という名の
「普通」という概念が
あるだけだと思う

そういう意味では
みなが割と「普通」で
みなが「変わっている」

そう、思えば行き方も
楽になるはず

普通であって何が悪い?
普通じゃなくて何が悪い?

社会的規範やモラル
それとは別の次元

あくまでヒトとして
それぞれをどう見るか

普通であり変人
これも良し

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご訪問、お読み頂きありがとうございます。 すき(ハートマーク)を押して頂いたり、コメントやSNS等にシェア、サポート頂けると励みになります。サポート、応援頂いた分は必ず、活動する中でみなさんにお返しして行くことが出来ると思います。今後もお付き合いを宜しくお願い致します。

シェア頂くと回復率、上昇率が上がるかも!?
2

神屋伸行

詩/エッセイ/徒然 note

徒然に、思い浮かんだことを書き留めています。twitterとは違う感覚で。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。