今年の箱根駅伝も終わっていった・・・

note酒場でロスを訴える人も多かったですが、箱根駅伝はまた1年を待つことになります。

どう足掻いても1年は絶対に変わりません。正月から3日連続であったレースがもうないんですよね。起きてもレースはない。選手がテレビに出てたり、記事や情報は多くて、まだまだ楽しみはありますが・・・

箱根駅伝ファンになるとその1年が長く、待ち遠しいのでその空白を埋めるべく動く人も出てきます。

三大駅伝(学生)、インカレ、各種競技会、他の種目やOBたちが出るマラソンや駅伝に。女子にも、自分が走ることにも興味が沸くかもしれません。

そういった興味が拡がると仲間が出来て嬉しいし、深く知りたい人、マニアが誕生すると楽しめますよね。

そういえば私が大学2年の時、駒大が箱根駅伝初優勝。ちょうど2000年なんですよね。あれから19年ですが、今回は「平成最後」と言われるし、95回記念大会。ここで初優勝を遂げた東海大が新たな時代をまた1つ創っていくことになりますね。


復路(総合)もスポーツナビさんでお話させて頂きましたが、本当に語り尽くせぬほど多くの話が毎年あるし、過去にもあります。

箱根駅伝関連だけでも多く記事や情報が出てきますよね。どんどんチェックして情報に浸ってる感じです。これにさきほどの色々を加えるともう絶大ですからね(笑)それでも貪欲に求めていくのがマニアというもの。


仕事も趣味も融合してこれからもロスと戦いながらやっていきます♪


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご訪問、お読み頂きありがとうございます。 すき(ハートマーク)を押して頂いたり、コメントやSNS等にシェア、サポート頂けると励みになります。サポート、応援頂いた分は必ず、活動する中でみなさんにお返しして行くことが出来ると思います。今後もお付き合いを宜しくお願い致します。

二番煎じでも「自分が書くこと」が大事
17

神屋伸行

ビジネス/スポーツコンサルティング|ランニングクリエイター|ランニングアドバイザー|SDGs/BCM/BCP|社会貢献活動/身近なところから取り組む|長距離・駅伝ランナー:実績(高校、箱根駅伝)日本代表、実業団|生涯スポーツ/楽しむこと

「スポーツ」note

スポーツに関するnoteをまとめています。 (原則的には私が書いた記事) スポーツは「体現」という意味でもクリエイトと共通部分があると考えます。様々な場面でも応用できるでしょう。どんな場面でもきっとお役に立てるはず!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。