あの頃のスターたちは今:2002ワールドカップ日本代表

私がちょうど大学卒業後すぐ、社会人1年目に行われた日韓ワールドカップ。その前の1998年、大学1年生頃の日本代表が少しずつ指導者などになって大舞台に立ちつつある姿を見るようになってきました。

2002年当時の主力を見てもベテランの数人を除いて、ちょうど少し上の年から、同じくらいの年齢、世代だったので、色々な想いで見ていた記憶があります。

私が1979年生まれなので、同い年が稲本選手、小野選手、小笠原選手、中田選手、曽ヶ端選手ですね。

宮本選手がガンバ大阪の監督就任報道がありましたが、3つ上です。
曽ヶ端選手は現在も鹿島アントラーズで現役選手。
稲本選手は現在コンサドーレ札幌の現役選手
小野選手もコンサドーレ札幌!
中田選手は引退後、鹿島アントラーズ。
 クラブ・リレーションズ・オフィサー
小笠原選手も鹿島アントラーズで現役!?

Twitterでつぶやき、そうだ!調べてみよう!と思い立ちました。ネタのきっかけにもなるTwitter。

同じ年では現役選手の方が多いです。マラソン・駅伝ではもう殆ど居ないのですが、サッカーは凄いですね!

ちなみに1つ上の戸田和幸さんは慶應義塾大のコーチに。少し上の世代でもまだ現役選手も居ますし、タレントに転身したり、解説者になっていたりしますね。

森岡隆三さんはガイナーレ鳥取の監督を6月までされていましたね。現在はフリーでしょうか?


★★★

1998ワールドカップが初出場なので、インパクトある選手は多いと思います。

その大会で選ばれた選手は小野選手だけでした。それから4年間で同い年で活躍する選手がどんどん出てきて・・・2002年には主力として戦っていた。それを凄く見続けていました。

上の世代はもっと多くの方が既に指導者をされていたりしますね。

ワールドカップという大舞台を経験した第一世代と勝手に呼びますが、Jリーグ発足時に小学生で、憧れてサッカーをし始めた少年たち(推測)がワールドカップを経て、指導者になり、更に上のステージを目指していくことになると思います。

頑張って欲しいですね!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご訪問、お読み頂きありがとうございます。 すき(ハートマーク)を押して頂いたり、コメントやSNS等にシェア、サポート頂けると励みになります。サポート、応援頂いた分は必ず、活動する中でみなさんにお返しして行くことが出来ると思います。今後もお付き合いを宜しくお願い致します。

四位も凄いけど、表彰台逃したのは辛い
5

神屋伸行

ビジネス/スポーツコンサルティング|ランニングクリエイター|ランニングアドバイザー|SDGs/BCM/BCP|社会貢献活動/身近なところから取り組む|長距離・駅伝ランナー:実績(高校、箱根駅伝)日本代表、実業団|生涯スポーツ/楽しむこと

「スポーツ」note

スポーツに関するnoteをまとめています。 (原則的には私が書いた記事) スポーツは「体現」という意味でもクリエイトと共通部分があると考えます。様々な場面でも応用できるでしょう。どんな場面でもきっとお役に立てるはず!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。