スポーツと地域を考えよう

部活と地域型総合スポーツクラブ。あくまで「スポーツ」などの観点や、教員の働き方改革に伴って議論されることが多いのですが。働き方改革は直ぐさま進めるべきでしょう。部活は学校教育から切り離す。それも良いと思います。ただその場合、学校施設も放課後は教員の管理・責任を外して貰わないと進まないですね。


そういった問題と別にすれば、次は部活とクラブとの違いとなるでしょう

一つは部活は学校施設を使うことを前提にしていること。地域スポーツクラブはそれだけではないところ。学校施設を使うことを前提にする上で教員を外すなら、クリアすべき問題もまた新たに出てきます。制度設計が大事ですね。

誰が指導する等はまた別問題で、教員が勤務時間外に取り組むとすれば「副業」ないしはボランティアという形になるでしょう。自由意志で決まる。

他にも収益化し、環境づくり、育成への投資、指導者養成、多くの人にさーびすを提供していくとなるとビジネス化していかねばなりません。需要喚起できないクラブチームは厳しいですよね。


そういったことを前提にしつつ、読書しましょう!

解りやすいテキストになっています。

中島さんのnoteはFC今治の実例も見れるし、理念や思想、取り組みも学べます。何よりサッカーを強化していくことが中心になるとしても、クラブを中心に人を繋げる、育成する、地域の活性化など「クラブチーム」がどう地域にとって活きるか?活かされるかを表しているようです。

まさに地域とともに生きるクラブチームの実例です。

このあたりは読みやすいと思います。今や沢山類似の書籍が出ているので、手にとって合いそうなものを参考にするのも良いですね。

何よりクラブチームが既存のライバルや邪魔になるのではなく、あくまで共存出来るものですし、今後のスポーツ興隆&普及には絶対的に必要なものです。

上述したように、スポーツクラブが地域を活性化しますし、地域内の交流、外との接続も可能となるものでしょう。

健康、育児、高齢化、雇用・・・

全ての問題にも可能性を持つものだと考えています。今はまだまだ「これから」かもしれませんが、少しずつ着実に歩みを進めていきたいものです。








この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご訪問、お読み頂きありがとうございます。 すき(ハートマーク)を押して頂いたり、コメントやSNS等にシェア、サポート頂けると励みになります。サポート、応援頂いた分は必ず、活動する中でみなさんにお返しして行くことが出来ると思います。今後もお付き合いを宜しくお願い致します。

四位も凄いけど、表彰台逃したのは辛い
8

神屋伸行

「スポーツ」note

スポーツに関するnoteをまとめています。 (原則的には私が書いた記事) スポーツは「体現」という意味でもクリエイトと共通部分があると考えます。様々な場面でも応用できるでしょう。どんな場面でもきっとお役に立てるはず!
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。