noteメンテナンスと日常と

朝、習慣のように開いたら・・・なんとメンテナンスの文字が!

これで解ったこと。「あぁ、noteが開けないなんて全然落ち着かない!」ということ(笑)完全に日常生活の一部なので全然落ち着かない。

予定時刻の8時を待ってようやくこのnoteに取り掛かりましたとさ。


あとで冷静に考えると下書きは別のところで創っておいて、8時にポンと投稿すれば良かったのかも知れないし、タイムラインを見ると、予約投稿している人はこのメンテナンス時間でも投稿できたのか?

そんな冷静さを一欠片も持ち合わせず、ただひたすら8時を待って、noteがいつも通り開いた瞬間の安堵感。ここに記録として残します(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご訪問、お読み頂きありがとうございます。 すき(ハートマーク)を押して頂いたり、コメントやSNS等にシェア、サポート頂けると励みになります。サポート、応援頂いた分は必ず、活動する中でみなさんにお返しして行くことが出来ると思います。今後もお付き合いを宜しくお願い致します。

いつも、いつでも四露死苦☆
16

神屋伸行

詩/エッセイ/徒然 note

徒然に、思い浮かんだことを書き留めています。twitterとは違う感覚で。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。