見出し画像

スポーツガバナンス向上の為に読んでみよう:マネジメント編

日本のスポーツマネジメント初期には一番多く事例が出ていたのがJリーグ。広瀬一郎さんの本ですね。

こちらもそうで、近年は少しずつ「スポーツビジネス」が拡大し、マネジメントの話も豊富になりつつあります。

ですが、まだまだ黎明期に近く、もっと地域に、小さな単位でも必要になってくると思います。(地域スポーツはまた別で扱います)

まさに基本となるのがこちらの本。それと「図解」がるこのあたりは解りやすい、入門編というところでしょうか。

広瀬一郎さんの本はまだまだあります。

こちらは指導者になって、創部した頃に大変お世話になりました。

このあたりは必須と言っても良いかもしれません。


★プロスポーツクラブに特化した本はこちら★

様々なマネジメント本が誕生していますが、どうしても「完成形」に近く、過程の部分は手探りになりがちではあります。検索するとこれくらいヒットするので、ちょうど良さそうなものを探してみると良いかもしれません。



★ターンアラウンドについて書かれたものがこちら★

ターンアラウンドって「お金」の動きを注視し、動きを変えていくことで組織を変革するイメージでしたが、もっと幅広い感じです。


★★★

まだまだ収益を上げるために人材獲得、育成を図るより強化目的の方が進んでいますが、日本にも多くのGMやマネジメント人材が必要であることは間違いありません。

スポーツ愛好家も、経験者も、スポーツビジネスに興味があるビジネスパーソンも少しでも関心を持って学び、参画する人が増えれば嬉しいですね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご訪問、お読み頂きありがとうございます。 すき(ハートマーク)を押して頂いたり、コメントやSNS等にシェア、サポート頂けると励みになります。サポート、応援頂いた分は必ず、活動する中でみなさんにお返しして行くことが出来ると思います。今後もお付き合いを宜しくお願い致します。

まずは最初の一歩が大事
1

神屋伸行

ビジネス/スポーツコンサルティング|ランニングクリエイター|ランニングアドバイザー|SDGs/BCM/BCP|社会貢献活動/身近なところから取り組む|長距離・駅伝ランナー:実績(高校、箱根駅伝)日本代表、実業団|生涯スポーツ/楽しむこと

「スポーツ」note

スポーツに関するnoteをまとめています。 (原則的には私が書いた記事) スポーツは「体現」という意味でもクリエイトと共通部分があると考えます。様々な場面でも応用できるでしょう。どんな場面でもきっとお役に立てるはず!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。