見出し画像

【DVは なおる 続 無料公開分】③成人後エピソード

こちらからの続きとなります。


同じことをしている自分

 23歳で東京の会社に就職し、晴れて実家からも出て一人暮らしをするようになりました。DVの現場からは離れることができたのですが、それですぐに解放されて伸び伸びと生きられるようになるかというと、勿論そんなことはありませんでした。

 生育過程で散々、パワーコントロールを間近で感じ、受け、自らもそれを学習してしまった後では、いかに環境を変えようともなかなかそこから抜け出すことはできませんでした。

加害からも被害からも抜けられない

 実際、付き合っている女性に対して、威圧的な物言いをするとか大声をあげるなどはよくあることでした。

 殴りはしませんでしたが、かつて母親からされたことの一つ「死ぬ死ぬ詐欺」「別れる別れる詐欺」なんかもしてしまったことがあります。自分がそれをされたとき、こんなしんどいことは他の人にはするまいと思っていたにもかかわらず……です。

 加害だけではなく、被害を受けることもありました。女性から殴られるということも当然ありましたし、言葉での暴力を受けることもしばしばありました。加害被害の役どころが不定期に入れ替わるという状況におかれたこともあります。

一度目の結婚

 そんなこんなで、女性と交際してもそれほど長続きすることのなかった自分ですが、28歳の頃に結婚に行き着いたことがありました。過去形なので「元」がつきます。

 聞けば元妻は、過去に付き合った相手のほとんどからDVを受けていたとのことで、色々なエピソードを聞いてはつらくなり、自分はこんなことを絶対にすまいと誓った記憶があります。

 確かに自分は、身体的な暴力は一度もしていなかったのですが、結婚前にも精神的なパワーコントロールは時折してしまっていたと思いますし、パワーコントロールを受けるということもありました。それでも大きな問題にはならず、無事に(?)入籍し、式も挙げることができました。

不倫発覚から、目覚め始めるコントロール

 決定的に変わってしまったのは、ところが、結婚式も終わり少し落ち着いた頃、てからのことでした。元妻の不倫が発覚するという出来事がありました。したのです。不倫相手は私とも顔馴染みで、「実はね…」と教えてくれたのは近所に住んでいた共通の友人でした。あまりに突然のことで何が起きたのかわからなかった覚えがあります。

 確かに当時は仕事等で忙しく、あまり会話らしい会話もできず、たまのコミュニケーションもあまり上手くできていなかったという負い目はありました。が、結婚式を挙げたばかりのタイミングでの不倫発覚は物凄く私にとってショックな出来事でした。

 なんやかんやあり、元妻の方にもしんどい事情があったということで不倫については水に流し、また信用を構築しなおしていこうということに落ち着きましたが……不問にしたとはいえ、不倫されたという辛い気持ちが上手く消化できず、それは影となって日に日に大きくなっていきました。

 不倫されてしまったという悔しさや、また繰り返すかもしれないという不安から逃れるためと、生来のパワーコントローラーとしての人格形成が絡み合い、モラハラと呼ばれる類の攻撃・パワーコントロールが本格的に始まりました。

加害者としての行為

 世間一般で「モラハラ」と呼ばれる行為には様々なものがありますが、自分が行った行為とその根底にあったものや動機など、できるだけ書いておこうと思います。
 
・口を聞かなくなる。無視をする
 自分が否定されたとき、相手の態度が悪いと自分が感じたとき、喧嘩でこじれそうになったときなどに、相手の言葉や態度に対して一切反応を無くすという行動を選択していました。

 何か反応することでさらにこじれてしまうのが嫌だったのと、油断をすれば怒鳴ってしまったりすると感じてしまったからです。相手の言葉を完全にシャットアウトすることで自分を保つ努力をしていたように思います。

・大声で怒鳴りつける
 それでも自分の感情が抑えきれず、怒鳴りつけるということもたびたびありました。「鶴の一声」とばかりに相手の意見を封じ込めるという方法として、相手を黙らせるために声を荒らげていたように思います。

 怒鳴りつけるまではいかなくとも、強い口調や言葉でもって相手の意見を遮るということもよくありました。

・物にあたる
 パートナーの女性を殴るということはとんでもないことであり、世間からも後ろ指を指される行為であるという認識は強くありました。だけども、自分の感情が「殴ってやりたい」という方向に傾くこともありました。

 そんな時にどうしたかというと、目の前の物にあたるということでした。自分の行き場のない感情を叩きつけるかのように、床を叩いたり手元にある物を床や壁などに思いきり投げつけたりということがありました。

 パートナーの目の前でそれをすることもあれば、一人の時にする……ということもありました。
 寝ているときに、足で床を蹴りつけて物音を立てる…というようなこともしていました。
 その度にパートナーはびくびくしていたように思います。

・価値観や能力の否定
 相手のすることや考えることが自分とは違うときに、それは「間違ったこと」であると断じ、教育や説教という意味合いでもって、否定をしていました。時には何時間もそれを行ったこともあります。自分としては「至らない相手をしつけ、教育している」という意識があったように思います。

 また、自分にできて相手にできないことやスキルなど、そこを責めたことも多くあります。自分としては「至らない相手をしつけ、教育している」という意識があったように思います。「なんで自分はできるのにお前はできないんだ」という形です。

 冷静に考えると、相手にできて自分にできないこともあったはずなのですが、自分にできて相手ができないということが許せないという感情がまず第一にありました。

・何が悪かったのか考えろ
 相手が何か失敗をしたとき、それに限らず自分が不機嫌になったときに相手は「自分が悪い」と考える癖がありました。もちろんこれまで挙げた加害行為やそれまでの体験で、そういう考えに行きやすかったのかもしれません。

 そんな時、自分からは「何が悪かったのか考えて答えてみろ」というようなことを言っていたと思います。そこに正解などないというのが非常にしんどいことだったと思います。納得のいく答えというのは出せなかったように思います。

・自分は間違ってない
 今思うと怖いのは、その時の自分は完全に間違っていないという態度を取っていたということでしょうか。冷静に考えると突っ込みどころも多いことを言っていたのですが、それを言葉と声と態度の勢いでごり押ししていたように思います。

 また「絶対に殴ってはいけない」という意識も強くありました。殴った時点で言葉が説得力を持たなくなる…ですとか、DV加害者になってしまう…という恐れもありました。

殴らなければ良い?

 DVという言葉自体はその頃ちょうど流行し始めるかどうかという頃だったかと思います。テレビなりネットなりでこの言葉を見かけては、女性を殴っちゃいかんよなあと思っていた記憶があります。

 しかしこの「殴っちゃいかん」というのがまた曲者なんですよね。「殴りさえしなければ良い」になってしまいますから。その頃の私のように、生育過程でパワーコントロールを受けて、そのコミュニケーション方法を学習してしまった状態ですと、殴りはしなくとも、それ以上に言葉や態度、知識など様々なコントロールを駆使できてしまうので、殴らない分狡猾な加害者となってしまいやすくなるわけです。

加害行為のトリガー

 加害行為というのは無意識的に発生します。いかに普段気をつけていようとも、あるトリガーによって反射行動のようにそれは止めようもなく発生していました。

 そのトリガーとは「自分の価値観や存在、感情を否定されること」です。どこかで聞いた話だと思いませんか?そう、先述の通り、私の両親も暴力のトリガーは「他者からの否定」でした。

 私のトリガーは、完全に親と同じものになっていたのです。しかも、当時は自分でそれに気付かないままでした。そこに気付くのはずっと後のことになります。

妻の家出から「更生」に向けて

そうして、一年以上にわたり、日常的に先述の加害行為を繰り返していました。そんなある日、自分がお酒に飲まれて家中の物を投げつけ壊し、怒鳴り散らしたということがありました。

 自分の行動や価値観への否定を受けて「どうしてわかってくれないんだ!」と叫んだ記憶が残っています。鬼の形相だったと思います。そして当時のパートナーはそのまま家を出て実家に帰ってしまいました。

 はっと正気に戻ったときには既に遅く、やってしまった後悔のみに襲われていました。その後、元パートナーからは、しばらく実家で暮らすことと、可能ならDV加害者更生プログラムに行ってほしいという旨の連絡がありました。

 確かに自分のやっていることは「精神的DV」になると思いましたし、何よりそれをどこかで意識し、認められないと感じつつも、こんな行為は辞めたいとうっすら思っていました。そんな時に「加害者更生プログラム」というものがあるということは、唯一の希望にも思えました。

【続く】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

中村カズノリ

エンジニアとカウンセラーの二足の草鞋で「カウンセリングエンジニア」と名乗っています。 家族問題(DVモラハラ毒親等)やブラック会社等によるしんどさに対する相談が中心。最近のエネルギーの使い道は主に育児

書籍「DVは なおる 続」一部無料公開

書籍「DVは なおる 続」の一部 「体験談(18) 元モラハラ夫の私が、支援者になるまで 」を本書掲載分20ページに加え、総ページ都合でカットした40ページに加筆修正を加えたものを公開します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。