見出し画像

Emeraldからの感謝

1.自主企画大成功

イベント直前まで、ドキドキが止まらなかった「On Your Mind」レコ発ライブ@渋谷WWW withものんくる 。

おかげさまで満員御礼で無事終了しました。
ソールドを打つことも考えたのですが、ギリギリまで仕事でこれるかわからない人や、当日券で来る人も多いバンドなので、出しませんでした。

しかしながらソールドアウトと言っていいほど、Emeraldとしては過去最高の動員でした。ステージ上もw(14人編成という、、)

当日までご飯を食べずにファスティングしたり、当日を最良な形で迎える為に動き回っていました。

ご来場いただいた方はもちろん、会場にいなくても想いを寄せていただいた全ての方に改めて感謝の気持ちでいっぱいです。

個人的にはトロンボーンの隼人くんとサックスまっつんのカレーを食べ損ねたことが悔やまれます。

その悔しさはダブルコーラスのえつことのんちゃんの声に癒されたので結果オーライです。

筆者中野は、本番中完全に「無」でした笑。
ものんくるが怪獣みたいなライブをしてて、本番前にどうにかなるかと思いました。

photo by mashikeso
【サポートメンバー】
Cho.えつこ(DADARAY/katyusha)
Cho.Nozomi Nobody
Gt.ユースケ(TAMTAM)
Tb.小池隼人
T.Sax.松崎和訓
T.Sax.amon(umber session tribe)
A.Sax.miharu (umber session tribe)
Tp.安井一輝

嬉しい

2.SYNCHRONICITY'19出演

去年に続きSYNCHRONICITYに出演させていただきました。今年のシンクロは、去年よりもさらに、僕らの身近なバンドが出演していて、仲間と遭遇しまくり、かつ大きなステージでライブを終えた、BohemianvoodooやLucky Tapesの面々、showmoreが勢揃いでみに来てくれた。

何より日曜日、イベントのラストをEmeraldで締めてくれたお客さんが誇らしい気持ちになってくれたら嬉しさの極みです。僕らのような自主運営のバンドにも開かれているフェスが増えてきたことに、感謝と喜びを噛みしめる夜でした。

【サポートメンバー】
Cho.えつこ(DADARAY/katyusha)
Cho.Nozomi Nobody
Gt.ユースケ(TAMTAM)
photo by mashikeso

3.CINRAのフィッシュマンズトリビュートへの参加が決定!しかも、、。

Emeraldの今年のトピックとしてかなり大きいのがこちらですね。

この企画、ほんとすごいんです。
去年から始まったCINRA渾身のクロスオーバーフェス「CROSSING CARNIVAL」今回はFishmansの佐藤伸治さんの没後20年ということで、様々なバンドが、様々な会場でFishmansのカバーをするとのこと。

この企画の話が来た時に、僕らは真っ先に木暮晋也さん(Fishmansでギターを弾いてる)とHAKASE-SUN(Fishmansオリジナルメンバー)にこの話をしました。

そして一緒に演奏できることになったのです。
お彼岸ナイト(Emeraldが過去に数回出演したFishmansラバーによるイベント)でのご縁に心から感謝。

ここまででももうすでにやばいのですが、ここから、

Emeraldのカバー演奏に合わせて、崎山蒼志、曽我部恵一が歌うことが決定したのです。そんなこの日限りのスペシャルセットを我らEmeraldが任されたのです。

はてさてどんなことになるのか、会場は?出演時間は?そんなこんなも間も無く発表になるでしょう。

この日にあわせ、僕らの方からも近々ホットな情報が飛ぶでしょう。そちらも楽しみにしててください。

4.クラウドファンディングがもうすぐ終わる

終了日は2019年5月1日23時59分59秒

これなんですが、終わってしまうと思うと、もう一歩!あと一声!という気持ちが高まっています。

Pavlov Cityのレコードが作れるだけでも最高に幸せなので、もはや満足している部分もあるのですが、あともう少しの支援で、最新作「On Your Mind」のレコード化が叶いそうなんです。

やってみようか迷ってる人、又はすでに0円で参加してくださってる方、是非ともご支援ください!

迷われていたり、「レコード聴けないしな」という方に一番プシュしてお伝えしたいのが、EmeraldのライブDVDRが含まれるプランです。実は有料プラン全てにこれが含まれています。(純粋に応援プランをのぞく)

これなんですが、ライブを終え、映像を集めていたところ、かなりの数が集まったのと、相当いい絵が取れていたんです。

このDVDの為にクラウドファンディングしてもいいのではないかというほど、なかなか良いものが作れそうな手応えを感じています。

プロの撮影で入ってくれた大眉さんが、一人で6台のカメラを持ってきてくれて、、しかも、クラウドファンディングに参加してくれてる人たちに特別に撮影を許可してスマートフォンで撮ってもらったお客目線の映像もかなり集まったんです。

これは腕がなります。

なんと私が編集するのです。
(もちろんプロの監修をいただきながらですが)

この機会が終了したら、過去作をレコード化しよう!という話が次いつまたできるのか、全くわからないんです。

是非とも、ご参加のご検討を!!
よろしくお願いします!

5.最後に

名古屋や京都のライブが決まって、いよいよ遠征もできそうです。
これからどんどんフェスにも出ていきたいですね。
具体的にどうすれば出れるのかは全くわからないんですが、勉強してます。

人様の前に立って演奏ができるレベルには達している自信があります。
そして間違いなく、曲もいい。
あとはそれをどのように届けるのか?が全てな気がするんです。
そうしてやってみたレーベルの仕事ですが、とても楽しく勉強になる。

だけど、自分は歌うたいなので、新しい曲を作ったり、インプットもとても大事なんです。なので、お客さんには是非とも、僕たちを口コミで広めていただきたい!!(なんとアナログな笑)

最近思うのは、やっぱり口コミに勝るものはないってことです。
それは業界の人もお客さんも関係なく、感動を手渡しでつなげていくことが一番力があるように感じてます。そしてそれに応える演奏をし「続ける」こと。これが全てなんではないでしょうか。

懲りずに、諦めずに、頑張っていきます。
これからもよろしくお願いします。

そして最高の「とんかつ」で乾杯したい。

それでは!今日も良い音楽ライフを!!

中野陽介
------


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

温かなサポートは他のノートのサポート始め、外で書く際のコーヒー代などに当てさせていただきます。

ありがとうございます。是非フォローしてみてくれたら嬉しいです。
23

中野陽介【Maypril Recors (メイプリルレ...

Maypril Recordsの代表としてのコラムやコンテンツを発信します。時々チャレンジ的に、題材について書いたりします。ライティングなどもしていますので、依頼があれば。TwitterのDMは解放しています。ご連絡はそちらまで。

Maypril Records通信

Emeraldのキュレーションマガジンです。Emeraldの活動にまつわる日記やコラムがまとまっています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。