絵が描けないデザイナーがデッサン教室に通い始めたのでその記録:3

レッスン4回目(補講)

今回は前回のパプリカの続きです。
インフルのためこの回を欠席してしまったので、30分の補講でした。

前回(パプリカ初回)の振り返り
・まず形をあらかたとる(補助線として箱を描いてもよし)
・面と面の変わり目を意識して大きく調子を入れていく
・全体をざっくりと書き上げる

今回は細かい調子とテーブルに調子を入れて書き込んでいきました。

形の取り方と、面の捉え方はだいぶ意識できるようになってきたかなぁと思います。

調子の入れ方が結構単調になりがち。。。
先生がよく言う、面と面の変わるところ手前と奥をよく見る事が、まだ体系的にできてないのかな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しすぎます!書いてよかったぁ〜!!!
9

yukin

デッサンnote

デッサンの記録など
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。