ノイ村

26歳の会社員。趣味で音楽の事を書いてます。第一回「rockin'on presents ONGAKU-BUN 音楽文大賞」入賞。 連絡先 : neu_mura@outlook.com

さぁ、当日券を買いに行こう。-自己肯定感の時代におけるヒーロー、Marshmelloについて-

最初に結論から書きますね。

「このnoteを読むのに、まだMarshmelloの来日公演のチケットを買ってない人は、当日券を買え。そして踊れ。」

3月22日(金) : 幕張メッセ、23日(土) : 神戸ワールド記念ホール

以上!(予定がある人はしょうがない)

--

以下、本編です。

1. 現実とは違う、「もう一つの世界」を肯定するMarshmello

今やカンヌやアカデミー賞が露骨に

もっとみる

我々は上手くやれているのか? -サマソニと、2018年の「洋楽」シーン-

今年のサマソニの動員が微妙だったことは、既に誰もが語る通りで、今回のnoteもそれを前提に書いていきます。実際の数字としては、合計で138000人とのことで、完売時が約20万人だと考えるとかなりしんどい数字でしたね。

 今回は三段階に掘り下げて考えていこうと思うのですが、長いので結論だけ先に書いておきます。

Step.1 フジやULTRAのように、サマソニをブランド化する→サマソニの構造自

もっとみる

もうとりあえず売れてるやつから見てけばいいんじゃないかな。 -SUMMER SONIC 2018出演アーティスト Spotify再生回数ランキングベスト12-

はい。タイトルそのまんまです。「今年のサマソニは豪華!」とか「注目の若手が大集合!」とか「Chance the Rapperを観ないなんてどうかしてる!」とか色々な人が色々な事を言っている今年のサマソニですが、知らない人からすれば「???」だと思うんです。だったら、実際売れてる人がたくさん出てるんだから、いっそ売れてる人を見れば良いと思うんですよね。というわけで、人気の指標としてSpotifyの再

もっとみる

選択肢の多い時代におけるアルバムとは. -Kanye Westの3連作を聴きながら-

すっかりSpotifyに依存する生活になってしまった。

 毎週水曜日と金曜日にはニューリリースをチェックし、なんとなくRap Caviarを再生し、毎日のようにLil Uzi Vertの"XO Tour Llif3"を聴いている。いつまで経ってもPost Maloneの"Better Now"に飽きる気配がないし、それは他のリスナーも同様のようだ。

 ここで本当ならPost Maloneの"B

もっとみる

絶望との向き合い方. -Emo RockとEmo Rapについて.-

多分病気の類では無いのだろうけれども、ここ数ヶ月に渡って気分の悪化に悩まされている。知り合いも見ているので先に書いておくと、人間関係や職場環境については特に文句はない。急激に環境が変わっている最中なので、単純にそういう時期なんだと思う。

 さて、こんな興味深い記事を発見した。

bmr - アメリカの中学生のベスト・ヒップホップ・ソング・オブ・2017 (presented by 堂本かおる)

もっとみる