忍者、事務職はじめました Vol.11

社長さんをタクシーに乗せ、帰宅させた我々は、店で飲み直すこととなりました。

社長さんは明日、出勤できるのだろうか?と心配はしていましたが、皆さんとの楽しい時間を優先しました。

「ハヤクジさんって、お酒に強いですね」

「いや、皆さんもお強いと思いますよ」

「まぁ、私達はほら、営業だから、接待で飲む機会が多いのよ」

「シックがウォーリーだけどね」

「カマイさんは、一度倒れてますからねぇ、飲み過ぎないでくださいよ」

「ドントウォーリー、ビーハッピー、ウカミ」

飲み会というのは不思議です。

誰かが何も質問をしていないのに、どんどん話題が変わりながら会話が進んでいきます。

そして、皆さんがとても楽しそうで、笑顔がイキイキしています。

「皆さん、歓迎会というものは、毎日やってはいけないという決まりがあるのですか?」

心の声が外に出てしまったようです。

「え?ハヤクジさん、何言ってるの?」

「え、何か?」

「いや、ハヤクジさん、今、歓迎会を毎日やっちゃダメなルールがあるのかって?」

「え?そんなこと言ってました?」

やはり、とぼけて誤魔化すことは無理でした。

「いやぁ、なんか今日は楽しいなと思ったので、つい口に出てしまいました」

「うん、そうよね。私も今日は、久しぶりに楽しいわ」

「まぁでも、普段頑張っているから、こういう時に楽しいと思えるんじゃないですか?」

「なに、ウカミくん、先輩に説教かしら?」

「いえ、そういうわけじゃなくて、でも、何かそう思ったんですよ。勘弁してくださいよぉ、オンミツさん」

本当に、この人達と一緒に働けることが楽しいんだと思いました。

あの公園で社長さんと出会わなければ、こんなことにはならなかったわけで。

奇跡に乾杯!

の乾杯のところで、本当に乾杯をしてしまい、また皆さんを驚かせてしまいました。

この続きをみるには

この続き:0文字

忍者、事務職はじめました Vol.11

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

(・∀・)ノシ--==(((卍知ってるでしょう?独暇流(どっかりゅう)忍術の創始者。忍びの者とは、刃の下においてでも揺るがぬ心を持ち、覚悟を持って耐え忍ぶ者のこと。

DOKKA-NO-MAGAZINE

独暇流忍術オリジナルマガジン
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。