事務スタッフとして忍者的に現場スタッフをアシストする方法

事務スタッフの仕事は、単純に入力作業をするとか、コピーを取るとか、お茶出しするとか、そういう仕事ではありません。

現場スタッフをアシストすることで、会社全体の業績アップに貢献するという素晴らしいミッションがあります。

ミッションを確実に達成する忍者を見習うことで、現場がしっかりと成果を出せるようなります。

事務スタッフとして持つべき心得と、忍者的に達成するにはどうしたらいいのかを学んでみましょう。


・仕事の目的を把握している

それが何のための作業なのかを把握できなければ、資料作りなどのクオリティに影響します。

事務スタッフのクオリティの低さは、現場スタッフでの仕事のクオリティに関わることを意識しましょう。

作業スピードやデザイン能力など、多種多様なスキルを求められるのが事務スタッフです。

日頃からの鍛錬を怠ることのなかった忍者の精神力が役に立つでしょう。


・新しいモノに抵抗がない

ミッションを達成するためには、様々なツールを使いこなせるスキルが必要となります。

忍者は、火薬などの最新技術を積極的に取り入れて、相手を幻惑させることができました。

パソコンを使うことが多い事務スタッフは、WordやExcel、PowerPointだけでなく、ソフトウェアのバージョンアップやプリンタの設定、場合によってはインターネット、ホームページに関するスキルも必要となるでしょう。


・自分以外は全て顧客である

事務スタッフは、現場スタッフを中心に、社内のあらゆるスタッフとのやり取りが多いことと思います。

自分以外のスタッフは全て顧客と捉え、小さな仕事にも全力で取り組むことが求められます。

相手が気持ちよく仕事をすることで、現場の成果に繋がりやすくなるからです。

忍びながら重要なミッションを果たし、大名の天下取りに尽力した忍者を見習いましょう。


・相手を不快にさせない

様々な作業を頼まれることが多い事務スタッフは、話しかけにくいと思われるような態度を取ることは許されません。

忍者は、敵地から情報収集するために、あらゆるコミュニケーション技術に長けていました。

現場から信頼されるためには、気持ちを安定させておく必要があります。

また、時期ごとに必要な資料を事前に準備しておくなど、ニーズを先取っておくことも必要です。

気が利く事務スタッフだと思われることで、さらに信頼度が向上します。


・様々な工夫ができる

常に、作業が効率的なのかを考える必要があります。

なぜなら、事務スタッフのミッションの1つに、経費削減が挙げられからです。

作業を効率化することで、自分だけでなく、会社全体の効率化に繋がり、時間外業務の削減などの経費削減に繋がるのです。

時間的な余裕が生まれることで、コミュニケーションの強化にも繋がりやすくなります。


・自分の技術を伝承できる

将来的な会社の成長に繋げるために、新人スタッフや部下などに対して、自分の技術を伝えることも重要となります。

例えそれが物覚えの良くないスタッフであっても、忍者のタフな精神力を見習うことで、諦めずに行う必要があります。

そのような態度が、後に信頼へと繋がり、素晴らしい人間関係を構築することになるからです。

結果的に、事務スタッフとしての評価にも繋がるのです。


忍者は、刃の下においてでも揺るがぬ心を持ち、覚悟を持って耐え忍ぶ者のことができたので、お館様からのミッションを確実に成功へと導くことができたのです。

事務スタッフとして、現代の忍者よろしく、会社の業績アップに繋げられるよう、自信を持って働きましょう。

インザスカイ・ワカサ卍独暇流忍者

この続きをみるには

この続き:0文字

事務スタッフとして忍者的に現場スタッフをアシストする方法

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

DOKKA-NO-MAGAZINE

独暇流忍術オリジナルマガジン
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。