見出し画像

コールセンター業務で多くのアポを取る方法 〜まずは認めよ編〜

この記事は、コールセンターでアポイントメントを取る仕事をしている人向けに書いております。

この記事にたどり着いた人にはおそらく以下のいずれかでしょう。

・今は順調だけど今後の参考にしたいという方
・結果が出ずどんな情報でもいいから参考にしたいという方

おそらく上記2つのタイプに分類される方と考えられますが、もし後者なら、もう間に合わないかもしれません。

なぜなら、ご自身で色々と工夫されているのだとは思いますが、それが結果に繋がっていないからです。

つまり、何が原因で結果が出ていないのか、理解できていないということです。
そのような状態の人が、この記事を読んだからといって、必ずしも改善に向かうとは考えられません。

とはいえ、それだとせっかくたどり着いていただいたのに申し訳ないので、まずこの段階では、何がダメなのかという部分を改めて考えてみましょう。

それさえできれば、あとはコツさえ覚えれば改善の余地がありますので、ご安心ください。

さて、結果に繋がらない原因、想像つきますか?

・教わった通りにやっている
・トークスクリプトの通り話している
・参考になる言い回しなどを取り入れて工夫いる
・上司や先輩の言っている事が違うので混乱している
・書籍やホームページを見て勉強している
・上手くいっている人の真似をしている

私もそうでしたが、何をやっても上手くいかないときはあります。

ただ、私の場合は気付いたのです。
あ、これ、全て他の要因のせいにしているなって。
つまり、全て「やっているはず」なのです。
自分の非を認めていないのです。

そこで私がやったのは、アポが取れないのは全て私の責任だと、自分の非を認めるところからでした。

そして、上手くいっている人の真似ではなく、まずは自分の言葉で話せるトークスクリプトに作り直しました。

全ては主導権と説得力が大事になってくるので、自分の言葉で話せないと、自信にも繋がりません。

自分の非を認め、自信をつけるところからやり直す。
これが、徐々に結果に繋がるための大事なキッカケでした。

上手くいっていないあなたは、まずここから考え直しましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

(・∀・)ノシ--==(((卍知ってるでしょう?独暇流(どっかりゅう)忍術の創始者。忍びの者とは、刃の下においてでも揺るがぬ心を持ち、覚悟を持って耐え忍ぶ者のこと。

忍者式仕事術

完璧にミッションを遂行する忍者に学ぶ「社会人としての必要なスキルの身に付け方、活用する方法」などを紹介します
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。