忍者、事務職はじめました Vol.9

「あのさぁ、ウカミさぁ、何かさぁ、フォーゲットしてない?」

「え?どうしたんですか、カマイさん」

「そうね、カマイさんの会話から始まるのって、珍しいわよね」

「いや、オンミツさん、そういうことじゃなくて」

「カマイさん、何を忘れているか、わからないのですか?」

「そうだね、ミスターカゲ。わからないから、フォーゲットなんだよね」

チグハグな会話にも、ようやく慣れてきました。

というか、まぁ、チグハグなのは私だけですが。

いずれにしても、ウカミさんが私のことをSNSに投稿しなくなってから、約1ヶ月経過しました。

「みなさん、おはようございます」

「あ、社長さん、おはようございます」

「ああ、ハヤクジさん、今日の夜は暇ですか?」

「あ、はい、独りで暇な時間を過ごす予定でした」

「良かった!みんなは?」

「僕も、どうせ家に帰ってSNSをやるだけです」

「私も、生春巻きの仕込みをする以外には、特に予定はないかなぁ」

「オンダジョシ、それはロンリーだね」

「いいのよ、私のことは!カマイさんはどうなのよ?」

「まぁ、ミーはあれだよ、愛社精神が強いから、いつでもフリータイムでアローンだよ」

「いや、カマイさん、うちの会社を愛してくれるのは嬉しいんですが、それはちょっと違うような気がしますね」

「ですよね、社長。ほんと、カマイさんは調子がいいんですから」

「いやいや、ウカミよ。これが営業のテクニックでもあるんだよ」

「それはそうと、みなさん、今日は、ハヤクジさんの歓迎会をしませんか?」

3ヶ月もの間、歓迎会というイベントについて考えたことはありませんでした。

私は、歓迎会というものを知らなかったからです。

カマイさんが忘れていると言っていたのは、歓迎会のことでした。

あれから、ウェルカムパーティ、ウェルカムパーティとうるさいからです。

「カマイさんが歓迎会みたいな飲み会イベントを忘れるなんて、珍しいわね」

「そうですよね。もう、すっかり終わったと思ってましたよ、僕は」

「ハヤクジさん、今日はハヤクジさんの歓迎会なので、何が食べたいですか?」

「えーと、私が決めなくてはいけないのでしょうか?」

「そうだよ、ミスターカゲ。今日はミスターカゲがメインゲストなんだよ」

私が悪いわけではないのです。

歓迎会というシステムが悪いのです。

何が食べたいかを聞かれたので、こう答えただけなのです。

「兵糧丸ですかねぇ」

かくして一行は、兵糧丸を探しに忍者の里へ・・・行くことはありませんでした。

「いや、近所の居酒屋でいいんじゃないでしょうか?」

ウカミさんの一言で、会社から歩いて22mのところにある居酒屋へ行くこととなりました。

あとでわかったことですが、居酒屋C-B(シーのビー)という店名でした。

この続きをみるには

この続き:0文字

忍者、事務職はじめました Vol.9

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

(・∀・)ノシ--==(((卍知ってるでしょう?独暇流(どっかりゅう)忍術の創始者。忍びの者とは、刃の下においてでも揺るがぬ心を持ち、覚悟を持って耐え忍ぶ者のこと。

DOKKA-NO-MAGAZINE

独暇流忍術オリジナルマガジン
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。