忍者、事務職はじめました Vol.10

「かんぱーい!」

「いやいや社長、ソーファストですね」

「どうしました、カマイさん」

「社長、カマイさんが言いたいのは、せめて歓迎の挨拶をしてからの乾杯じゃないんでしょうか、ということだと思います」

「ザッツライトだよ、ウカミくん」

「歓迎の意を込めた挨拶らったんれすけろねぇ~」

「え?社長、もう酔っちゃったの?」

「そういえば、社長がお酒を飲んだの、見たことがないですよ」

「ハングオーバーが怖いけど、明日はホリデーだからオーケーじゃない?」

などという会話から、私の歓迎会が始まりました。

歓迎会というイベントに初めて参加したことはもちろん、職員のみなさんとの時間がとても楽しく、毎日歓迎会をやればいいのに!と思ったほどです。

「ハヤクジさんってさぁ、最近あまり面白くないですよね」

ウカミさんの突然すぎるツッコミにたじろぐ私。

手を差し伸べてくれたのは、オンミツさんでした。

「ウカミくんが慣れすぎちゃったからでしょ?私にとっては、十分面白いけどね」

「そうかなぁ?まぁ、確かに最近、ハヤクジさんのことをNicePicksに投稿していないかもしれません」

「ほら、やっぱり。ただの慣れよ」

「私って、そんなに面白い人間なのでしょうか?」

「ファニーというより、インタレスティングだけどね」

カマイさんとの会話のほうが、私にとっては面白い…と言いかけて、言うのを辞めました。

なぜなら、社長さんが30分以上もトイレから戻ってきていないと気付いたからです。

「さすがに私は女子だから、助けてあげられないわ」

と言いながら、興味津々で男子トイレに入ろうとするオンミツさん。

なぜか今日の私は、オンミツさんを目で追うことが多いと感じました。

これはもしかしたら…

「社長、大丈夫ですか?」

「はい?なんれすか?ワターシ、トイレツカテルヨ」

「ダメだな。カマイさん、どうしましょう?」

「ソーリー、ウカミ。こんなトラブルは、若い君に任せるよ」

「ウカミさん、私が手伝いますので、まずは社長さんをトイレから出しましょう」

「でもハヤクジさん、鍵がかかってますよ」

忍者として、解錠するスキルはあるのですが、ここで見せるわけにはいきません。

しかし、こういう場合の対処方法を、私は知っています。

「みなさんは、店の人を呼んできてください。私は、何とか社長さんに中から鍵を開けてもらえるようにしてみます」

そういうと、3人は店員を呼びに行きました。

その隙に、シュシュッと解錠しました。

「ねぇ、別に3人で呼びに来なくても良かったんじゃない?」

「あ、そういえば!」

「ワオ!」

3人が戻ってきた頃には、トイレの鍵が空いた状態で、私が社長さんを背負っていました。

「あ、鍵が空いたんですか?」

「はい、社長さんが何とか開けてくれました」

忍者であることがバレずに済みました。

それと同時に、久々に忍者らしいことをし、清々しい気持ちに包まれていました。

やはり私は、忍者を辞めることは無理なようです。

辞めようと思ったことはありませんが。

この続きをみるには

この続き:0文字

忍者、事務職はじめました Vol.10

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

インザスカイ・ワカサ@独暇流忍者

(・∀・)ノシ--==(((卍知ってるでしょう?独暇流(どっかりゅう)忍術の創始者。忍びの者とは、刃の下においてでも揺るがぬ心を持ち、覚悟を持って耐え忍ぶ者のこと。

DOKKA-NO-MAGAZINE

独暇流忍術オリジナルマガジン
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。