満たせ承認欲求

めちゃくちゃチヤホヤされてきた。

クラブのイベンターさんやら常連やらDJやらが中心の飲み会があり、幹事さんに誘われたのでほいほい行ってきた。

アキバの肉バルで40人オーバーくらいの人達がわーっと集まってたのだが、座っているだけでめちゃくちゃご挨拶された。

DJの人からは「曲使わしてもらってます」と言われ、常連勢からは「曲聴いてます」と言われ、イベンターさんからは「DJやりません?」と言われる。DJはやりません(できる気がしない)。

こういう界隈の飲み会、あんまり行かないようにしていた。リスナーさんの情報量が膨大すぎて、知らない曲のタイトルをしれっと出してきたりすると会話が続かす申し訳なくなるからだ。

「いやぁ、その曲知らなくて…」みたいなのが続くと、別の意味で引かせてしまう。リスナーさんと作っている側の隔たりをなんとなく感じていたので、積極参加はしないようにしていた。

のだが、そういう場所に行って、普段交流のない人達と会話してみるのも一つの刺激になると思い直し、市場調査と営業の意味も込めて参加するコトにした。

相変わらず知らない曲名はバンバン出てきたりもするのだけど、最近は外に出ないのでとんと会話する機会が減ったので、そういう意味では話せて良かった。

あとはこう、チヤホヤされたので単純に嬉しかった。割と昔から活動しているので、古参リスナーの方々にはそれなりに認識してもらっているらしい。それに甘んじるなというのもあるけど。

開始時間がそもそも遅かったので、当然のようにオールになった。クラブ勢が多いせいか、そういうのには慣れているっぽい。僕もお店で流れていたクラブワールドカップの決勝を眺めながらちびちびと飲んでいた。

そんで朝になり、そこで仲良くなった女子が「また飲みに行きましょうよ」というので、じゃあ今から行こうぜと3軒目なのに一軒め酒場へ行った。

だいたい「また行きましょう」とか話しているとタイミングを逃すので、わりとこれはやる。また色々話してハシゴ酒して帰った。サシノミの方がゆっくり話せるから、こっちの方が性に合っている。

こんなに承認欲求を満たされたのはいつ振りか。精神衛生としては良いかもしれない。

上野から快速に乗ったのだけど、寝コケてしまい起きたら福島寸前だった。というオチ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ!ありがとうございまーす!
12

あおいのあ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。