新さん!

度々書いているが、2017年の11月末に仕事を辞めた。

度重なる上司の理不尽さにブチ切れたのが原因。何度提言しても改善は見られず、一人でテンパり女性的なヒステリで周囲に当たり散らす。周囲も迷惑を被っており、この理不尽さに堪忍袋の緒が切れた結果、40分ほどの電話越しの大喧嘩。翌日の早朝に事務所に置いてあった私物と履歴書(書いてこいと言われたのに提出を求められなかった)を引き上げ、PCも必要なデータ以外を全部まっさらにし、事務所の鍵も返却。そしてそのまま昼から友達と赤羽で飲んでいた。

元々最初の三ヶ月は業務委託の関係だったため、抜けた所で知ったこっちゃない。全体管理も出来ないような上司がその先どうなったかは知らないけれど、バイト君から「仕事が回らなすぎてやばいので戻ってきてください」と泣きのLINEが来たコトがあったので、まあ予想通り大荒れしたのだろう。知らん。

そんなコトがあってから、Twitterの更新を半年以上放置した。前職の上司が相互フォローになっていて、こっちの動向を知られたくなかったからだ。あとフォロワーさんが1万人ほど居るので、そこで会社のコトをクソミソに言うわけにもいかない。あとは単純に「なんか疲れてしまった」のだ。これをきっかけにしばらくTwitterから逃避した。

そんな時に、アカウントだけ作って放置していたnoteを使って日々に思ったコトなどをまとめ始めた。何かしら「書く」コトを続けていないと、言葉に不自由になってしまうという感覚がずっとあり、noteはうってつけだった。

何というか「踏み荒らされていない」感じがとても好きで、このシンプルさは貴重な場所だと感じている。noteの特性なのか、言い方はアレかもしれないけど、みんな「意識が高い」。故に洗練された文章の人達が多い印象がある。色んなクリエイターさん達の感性を眺めながら、のんびり楽しませてもらっている。

相互フォローを解除したのでめでたくTwitterも再開したけど、中断している最中にnoteの価値が自分の中で高まったので、このまま並行して続けていこうと思う。Twitterとは連動させていないし、名義も全然違うので、(一部のフォロワーさんを除いて)知らない人だらけなところが気楽で良い。

長文で自分の考えているコトを書き連ねると、それだけでも頭の整理になる。Twitterのように流れていってしまう文章ではなく、固定された自分の感覚は、頭の片隅に残しておきたい。

余談ですが、このnoteのタイトルは「暴れん坊将軍」の徳田新之助から。別に将軍でも何でもないですけど、Twitterから忍んでいるので。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

僕もあなたがスキ!
12

あおいのあ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。