#designsystems_tokyo🗼デザインシステム勉強会、はじめました。

キッカケは…

昨年末の『Design Systems: デジタルプロダクトのためのデザインシステム実践ガイド』(通称赤本📕?)書籍販売後から、何人かの知人(主に元同僚)からセミナーしないの?勉強会や読書会をやりませんか?/ワークショップしたいのでサポートお願いしたい/どうやって作ったらいいのか教えてほしい…等々いくつか連絡を頂きました(ありがたい、ありがたい。業務連絡もお待ちしていますw)

個別に対応していても良かったのですが、連絡してきたメンバーが元同僚同士だったりしたこともあるので、だったら知った顔だし、みんなで一緒にやった方が知見も広がるし学びもあって、さらにお互いのスキルアップにもなるよね、と思って一緒にやる方向性で良いのでは?と年の瀬もんもんと考えながら、紅白みたい親と「ガキ使」みたい子供のチャンネル争いで年末を迎えました。

DSCやClarityなど海外の勉強会...日本は?

さて海外だと、Design Systems Coalition(DSC)という動きが2016年ごろから静かにあります/ありました(今は若干過去形ぎみ。理由は後術のClarity?)

この勉強会によって、InVisionのDSMやGoogleのGallery開発、その他のデザインツールでデザインシステム機能が実装、改良されるブームになったキッカケを作った一つだと思います。

実際、サンフランシスコの勉強会SFDSCでは、Twitter、GAP、Salesforce、Adobe、Facebook、ZenDesk、Slack、Atlassianといった様々な企業がナレッジや経験をシェアしてよりよいデザインシステムについて議論していました。

現在は、個別のDSC開催よりもCrarity Conferenceというデザインシステムの年次カンファレンスで共有する、という動きにシフトしている感じです。

どうやって深い議論の場、学びの場にするか?

海外の話はさておき、日本はどうでしょう?

現在、日本でさまざまなオンラインサービスのおかげで、規模は別としてイベントを開催するのは(ある程度?)フォーマット化されていて簡単です。ただ、連絡してきた方々と個別に話していくなかで出てきたあるある話として、

・ 告知と同時にばばっと参加登録されて参加して欲しい人が参加登録する前に枠が埋まってしまう。
・個人情報もわかるけど、そもそも誰がきているかわからない状態でしゃべるのは辛い。
・イベントの参加人数が多ければ多いほど「薄まる」感じがする。
・テーマ(今回は「デザインシステム」)について、熱く他者/他社と議論しつづけたいが、なかなかそういった継続的な場がない。

また、さらに話をしていくと、

・参加者はテーマ(デザインシステム)をすでに実践している/しようとしてる人だけでいいのでは?
・とりあえず席キープ的に参加登録して来ない人は二度と参加できなくていいんじゃね?
・参加する人は最低限赤本📕は読んでるべき(読んでない人は参加お断りでも良い、そこを参加者の知識の最低ラインにしたい)
・全員がちゃんとディスカッションできる状態にしたい。
・誰が来てるかわからないと、話したくてもどこまで話していいかわからない(招待制だったら誰がいるかわかるので安心して話せる)
・登壇する側も登壇するメリットが必要(意見交換がしたい)
・業務ではないので、登壇する側だけが疲れるのは避けたい(参加者も発言する場/しないと行けない場にしたい)
・有料にして意識の高い人だけで良いのでは?

といった意見がでてきました。1月前半いろいろと話しをすすめて、最終的に「誰が参加しているかわかる状態で「全員が発表者!」」という意識高い系スタイルでやってみる事になりました。

有料の勉強会にして、そこから費用を捻出するの案もあったのですが(スポンサードイベントは運営が大変なので却下!w)、ひとまず賛同していただけた事業会社様の有志の社内調整に依存させてもらって、毎回積極的に甘えていく形で会場提供とケータリング、受付などを持ち回りで負担していただく形で開催していく予定です(実はここの見えない人件費やロジ周りの費用が一番たいへん。ありがとうございます)

各社のエピソードの共有

最近、巷でデザインリサーチとかUXリサーチが話題で、Design Research Tokyoというコミュニティもあります(自分の参加させてもらってます)

ここではテレビシリーズさながら開催するイベントをSeasonとEpisodeという2軸の形で主催してます。なんかカッコいい!はい、パクりました!w

各社にお決まりの事例紹介を話してもらうよりも、各社で具体的な苦労話やノウハウや溜まった知見、踏んだ地雷などを共有して議論する。まさにエピソード!もうタイトルは「Episode」以外ありえないw

designsystems.tokyo🗼Episode I

ということで、初回は3/26(火)、BizReachの渋谷363清水ビルでBizReachと楽天でのデザインシステムの取り組みや実践方法、そこからの学びなどを中心に、登壇する2社からの発表だけでなく、参加企業からの参加者全員でのディスカッションスタイルで実施します。

最初に書いたような経緯もあり、当初は勉強会の趣旨に賛同していただいていた事業会社10数社との招待制のクローズドな勉強会という形で進める予定でした。しかし、BizReach様のご厚意で広い会場を提供していただけたこともあり、より広い層(といっても事業会社でデザインシステムに関心があり、悩みながら現在実践中または実践しようとしている方)にも参加していただこう!ということで、一般枠として30名前後追加(事前の参加企業からの参加者も含めて全体で70人強の規模)で開催することになりました。

一般枠は人数が多いと抽選にせざるを得ないのですが、興味があればぜひお申込みください。抽選は週末に行います。

今後の予定

初回のEpisode I: BirReach x Rakutenに続いて、4月後半、5月後半と連続で開催する予定で、現在各Epidode登壇予定の企業と調整中です。

わりとゆるくわちゃわちゃやっていく予定ですが、詳細は決まり次第 connpassのグループやTwitterでお知らせしたいと思います。半年ぐらいは続けたいです。

以上。

※もう一つの方は、もうしばらくお待ち下さい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

谢谢!
15

Nobuya Sato

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。