雪の傘歩き

子「あのねぇ!」

僕「なぁに?すごい手を振ってるね!」

子「これはねぇ。雪がこっちに来ないようにしているんだよ?」

僕「そうなんだ!でも、雪積もってほしいんじゃないの?」

子「つもってほしいんだけど、今はこないように手で書き出しているの!」

そう言いながら、傘の下に入ってくる雪たちを手で振り払いながら歩いていた。

子「あのねぇ。もし振ってくるのが雪じゃなくて、風船だったらどうする?」

僕「えー!?楽しそうだよね!」

子「ちがうよー。ばんって割れるから嫌なんだよー」

子「じゃあ!あのねぇ。もし振ってくるのがうんちだったらどうする?」

僕「うんちは嫌だなー。掃除機で吸ってしまうかな」

wwwww

子「いっぱいになったらどうするの?」

僕「また捨ててもう一度吸うかな」

子「もっともっと多かったら?」

僕「ブルドーザーで海まで運ぶかな。みんなで協力するよ!」

wwwwwwwww

子「あのねぇ!この前ね!鳥のうんちが猫の頭に落ちてきて、それ猫が頭振ったら背中に落ちたんだよ。猫はうんち落ちても、それからずっとそのまんまだったよw」

歩いていて途中転んだけど、保育園ついてからどうなってからみるよーって約束してついたら、「見たい!」とニコニコしてる打たれ強さには驚いたw!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

子育て中のあなたへ

働くママパパや子育てに励むママパパへ向けたエピソードです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。