p5.js でwebgl

processing という面白い言語(というかプラットフォーム)がありまして。非常に手軽にアルゴリズムアートみたいなものを作れるので気に入っています。Cのようなjavaの様な言語なのですがあらゆる関数にデフォルトの設定があるため、非常に簡単にCGプログラミングを始められるため、初心者にもおすすめの言語です。

 そのprocessing が javascript に移植された、という事は聞いていたのですがそれほど期待していませんでした。がっ!

まずは以下のリンクを見ていただきたい
http://www.bnn.co.jp/support/generativedesign_p5js/
それぞれの作品(スケッチと呼ぶ)のアイコンをクリックすると Webエディターにジャンプしてソースコードを見ながら実行できます。

Generative Design の内容がすべて p5.js に移植されているではないですか!しかもWebGLに対応している。。。
それで試しに作成したのがこれ。

 三角形の再生ボタンを押すとプログラムが走ります


オマケ
https://editor.p5js.org/full/HytQpIPcQ




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

土屋 信成

技術ノート

ソフトウェアの様々な技術についての学習メモ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。