やるべきことがある時にしてしまうこと

急ぎで事務作業をしなければいけないのに…
気付いたら、
小説が数ページできあがっていた。

「試験勉強期間中にやっていたことが
本当に好きなこと」
最近読んだ本にそう書いてあったけど、
切羽詰まったときほど
現実逃避でしてしまうことこそ、
自分の心の奥底にある願望というのは、
あながち外れていない。

書きあがった数ページ分の小説は、
今の私らしい文章になっていて、
自分で読んで、好きだなと思えるものだった。

脚本執筆のときは、
演じ手のその後に役立つように、
お客様にもいいと
思ってもらえるようにと欲が出て
力が入りすぎてしまっていることもある。
でも、純粋にただ書きたいから
書いた今日の小説は、
いつもよりリラックスして書けたように思う。

そして、書きながらも、
もしかしたら、
自分の持ち味が生きる場所は
目指していた場所ではないかもしれないなと
ふと感じた。

自分が目指す方向が
一番適しているとは限らないし、
時代のニーズと作風がマッチするかなども
仕事として考えるなら関係するので、
あまり自分の方向性や枠を
決めてしまい過ぎるのも
もったいないなと感じた。

書きたいものによっては、
演劇という媒体が向いているかもしれないし、
テレビドラマや映画、
ラジオドラマや漫画原作、
はたまた小説が合っている可能性もある。

それは、きっと
いろいろと書いていく中で
自分が感じていくことだろうし、
まわりの反応からも
自然と気付くことなんだろう。

湧き出てくる創作意欲を大切に
柔軟に書いてみよう。




この続きをみるには

この続き:0文字
記事を購入する

やるべきことがある時にしてしまうこと

景山伸子🌙劇団Nadianne

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくださったお金は、観劇や交通費に使います。その刺激を、新しい創作や芸術作品の届け方のアイディアづくりに生かしていきます。

スキありがとうございます!あなたの応援に支えられています。

言わないけど、思ったこと。

不定期更新のエッセイです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。