見出し画像

六月博多座大歌舞伎「保名」 歌詞カード

清元節三味線方、清元延美雪です。
関東地方も梅雨入りしましたが、皆さま体調崩されていませんか。
天候って不思議なものですね。
私、梅雨前線というのは徐々に北上するものと思い込んでいましたが、九州北部はまだ梅雨入りしていないそうで(6月9日現在)その順序に驚きました。さて今回は、まだ晴れ間に恵まれている福岡県は博多座にちなみ

舞踊「保名」の歌詞カードの配信です。
博多座は開場20周年記念興行とのこと
おめでとうございます!

「保名」は幻想的に物狂いの美が描かれた人気の舞踊作品ですが、清元史においても重要な作品のひとつでしょう。
初演の1818年は清元節が富本節より分かれて間もない頃。このヒット作は後に清元節の出世浄瑠璃と言われるようになりました。
初演は三代目尾上菊五郎、それから暫く上演されず六代目が新たな演出を加え現行の趣きになったようです。
六代目尾上菊五郎と六世清元延寿太夫。折しも時代は文化より文政へ、平成から令和へーーそう思うと一層感慨深い演目ですね。

そうそう。舞踊では都合上カットされがちな置浄瑠璃ですが、言葉とリズムが美しいので延美雪Twitterにてご紹介します。

六月博多座大歌舞伎 
2019年6月2日(日)~26日(水)
「保名」 13:00~13:25


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

清元 延美雪

豊後系浄瑠璃清元節(三味線方) 清元節を中心に日本文化を探究しています。歌舞伎や日本舞踊などにも使われる演目情報のアーカイブ化を模索中。プライベートでは進化生物学と文化人類学に興味津々。趣味は遊郭街と風呂屋の散策。東京藝術大学大学院修了。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。