人生を変えるような旅、したことはありますか?


私はあります。それも、2回も。

2つめの「人生を変える旅」を経験して、いま、その素晴らしい体験を味わいつつ、日々が変わっていくのを実感しているところです。

そして、「人生を変える」、その秘訣がわかったので、「人生を変える旅の作り方」としてお伝えしていきたいと思います。

はじめに、ちょっぴり自己紹介すると、
バブルがはじけたと言われる1990年に老舗出版社に入社、育児雑誌、インテリア雑誌、出版部で編集の仕事に従事し、インテリア雑誌編集長の職を最後に、2012年にフリーになりました。いまは、ブログやウェブサイトのコンテンツづくりのコンサルティングをしています。海外旅行が大好きで、「ライフトラベラー」という生き方を目指しています。


さて、さっそく本題に入りましょう。

「人生を変える旅」、二度、経験してわかった秘訣は、5つあります。

1.プランしない
2.心を動かす
3.心の声を聞く
4.感じる
5.好きになる

こうやって書いてみると、とてもシンプルです。

説明だけだとつまらなくなりそうなので、私の旅の体験談をまじえながら、お伝えしていきますね。


スケジュールどおりが快感!だと、
人生は変わらない

2つの旅の共通点は、「スケジュールがゆるゆる」ということでした。

もうちょっと説明すると、日程は決まっているけれど、行動が決まっていない旅だったのです。

1つめの旅は、2004年の夏。
イギリスのコーンウォール地方をまわる旅でした。

2つめの旅は、2017年の秋。
世界トップクラスのラグジュアリー船での地中海クルーズでした。

どちらの旅も、個人が企画したツアーです。グループでの旅行でしたし、当然、「旅程表」のあるツアーでした。
けれども、「旅先で何をするか?」は、決まっていない。
想像できるでしょうか?

旅行会社が企画するパックツアーは、旅程はもちろん、観光先や食事をするレストランまで、事細かに決まっていることが多いですよね。

それが旅行だと思っていると、個人旅行であっても、出かける前にインターネットや本で情報を調べ、観光先をいくつかピックアップ、比較検討し、一日の行動をシミュレーションしてみて、よし!一日めはこんなスケジュールで行こう!と予定を立てると思うのです。

もちろん、私も、そうしていました。そして、それが楽しくて、自分でスケジュールを決める旅行を満喫していました。

でも。

2003年の夏に旅したコーンウォールで、私はそれ以上の楽しさを味わうことになったのです。

ちょっと旅の思い出話をさせてください。


憧れの「聖なるMichelの島」への旅

コーンウォールというのは、イギリス(ブリテン島)の南西部の、ちょっと大きめの半島部にある地方です。イギリスに旅したことのある人でも、ご存知の方は少ないかもしれません。

私がこの地方のことを知ったのは、実は週刊誌のグラビア特集からでした。アルバイト先で見た記憶があるので、まだ大学3年生くらいの頃。いまから30年近く前のことです。

当時の私は、まだ海外旅行を夢見る女子大生。フランスのモン・サン・ミッシェルに行きたいな~という憧れを持っていて、そのグラビア記事に、
「イギリスにも、モン・サン・ミッシェルがある!」
と書かれていて、目を見張ったのでした。

それが、コーンウォールにある「セント・マイケルズ・マウント」です。

どちらも、聖なるMichelの島、という意味ですね。
そう、この2つの島は、実は双子なんですが、ま、その話はまた別の機会に譲るとして、先に進みましょう。

イギリスにあるモン・サン・ミッシェルに大いに興味をひかれつつも、その情報は脳の奥の引き出しに大切にしまわれたのですが、それから15年ほどして、コーンウォールを旅するツアーに出会います。「イギリスを知る会」という会の、夏の研修旅行でした。

ご縁があって、その会の新年会に参加した私は、夏の研修旅行の行き先がコーンウォールと知って、即入会(笑)。まだ出版社に勤めていたので、11日間の長期の夏休みを確保して、8月の末から9月の初めにかけて、ツアーに参加しました。


心から笑っている自分に出会う

「イギリスを知る会」の研修旅行は、振り返ってみると、とてもたくさんの貴重な体験をくれたのですが、いろいろと特徴のあるツアーでした。

なんといっても、そのいちばんの特徴は、
「目的地と宿泊地は決まっているけれど、予定はない」
ということでした。

説明会では、宿泊地から行ける観光名所の紹介や移動手段はどうするか? どんなコースが考えられるか?などの情報をもらえるのですが、「どこに、どうやって行くか?」は、すべて自分で決めて、自分で行動するのです。

たとえば、ツアーリーダーはいろいろなプランを提示してくれるのですが、「●●へ連れて行ってください」とお願いするのはNG。もし、リーダーと一緒に行動したいと思ったら、「今日はどこに行くのですか? 私も行きたい! ついていってもいいですか?」と相談します。

これ、ちょっと面倒くさいと感じるかもしれませんが、慣れてくると最高の仕組みだとわかってきます。

私の場合、それまで何度も海外に一人旅をしていたので、仕組みに慣れるのはあっという間でした。そしてすぐに虜になってしまったのでした。


たとえば、朝。
起きる時間は自由です。

その日の行動をどうするかは、前日にラフに決めておいて、出発時間に間に合うように起きればOK。旅仲間と食べてもいいし、食べなくてもいいし、なんなら予定を変更してホテルに残るのも自由。もちろん、お出かけするのが楽しいので、部屋に残ることはあまりなかったのですが。

「その日の気分で、何をするかを決めていい」という経験は、おそらく何年も、いえ、何十年もしてこなかった。

小・中・高校は始業時間までに学校に行くことが当たり前で、寝坊することはあっても、登校しないことはなかったし、大学生時代は多少怠惰に(笑)過ごしてましたが、社会人になってからは出社することが当たり前。

私は出版社勤めだったので、二日酔いで起きられず、夕方からこっそり出社・・・ということはありましたが(笑)。その代わりと言っては何ですが、土日も祝日も関係なく取材撮影は当たり前だったし、本当に仕事中心で生きていた、と思います。


そんな毎日を抜け出して・・・

イギリスの南の端っこ、さらにその先にあるシリー諸島という島に渡って、真っ白な外観のアイランドリゾートホテルの部屋で自然に目覚めるまでぐっすり眠る。

部屋に備えつけのポットでお湯を沸かし、ミルクティー。
窓の下に広がる埠頭を眺めながら、「今日はどうしよう?」
遠出するのはやめて、埠頭にあるパブのエールをもう一度飲みに行こうかな・・・

旅程はあるけれど、プランのない旅。
それは、毎日が限りなく自由になっていく日々。
毎日、何が起こるんだろう? どこに行こう? とわくわくする。

そんな10日間を過ごしました。


「来年もきっと、また来よう!」、そう心に決めて帰国して、1カ月くらいした頃。ツアー中に撮った写真の交換会で、私はそのときの自分の姿に出会います。

一緒に旅した仲間の皆さんが、折々に撮ってくれた私の写真。ニコパチの記念撮影ではない、何気ない瞬間を切り取ったショットの中の私は、自分でも見たことのない笑顔をしていた…。

本当の私は、ここにいる。
もっと、もっと、こんなふうに心から笑いたい。

この写真を見た瞬間に、私の人生は大きく舵を切ったのです。
そのときはまだ知らなかったけれど。

人生を変える旅
ひとつめの秘訣:プランしない



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

藤岡信代

のんちゃんが行く♪~旅とワインとエトセトラ

ライフトラベラー見習い・のんちゃんこと藤岡信代が、大好きな旅と勉強中のワインのこと、その他好きなものを徒然に語ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。