見出し画像

包丁つくり体験!100年続く鍛冶屋さん(茅野市)

100年続く職人魂🔥
長野県茅野市にある鍛冶屋『定正(さだまさ)』さん。

かなり良い雰囲気^_^歴史を感じます。

よく切れると評判の包丁🔪(5300円)

徹底的にこだわってきたのは「使いやすさ」
伝統はありますが…手法に固執せず、使い手の気持ちにそった、生活に馴染む商品を造り続けてこられました。


<どうやって包丁は造るのか?>

鉄を鋼(はがね)でサンドした包丁の素材を、

1200℃になったコークスに入れて熱し、叩いてカタチを整えていく。

跡を継いだ息子さん。

※昭和31年製の機械。国内で稼働している工場はほとんどないとか…

これが難しい💦

ビビって、シャクレちゃいました(-。-;

職人さんのすごさを実感!


えっと…これなんの行程だったかな(-。-;

包丁を削る

光加減で凸凹を見る。素人じゃ無理です(^_^;)

効率主義の昨今。

非効率だらけに見えますが…職人さんの「良い物を造りたい!」という想いがガンガン伝わってくる。

この想いが上回る商品って、市場にどれだけあるんでしょうか?

住んでる近くに、こんな鍛冶屋さんがあって誇らしくなりました✨

東京にいた頃は、職人さんと出会う機会は少なかったです。

茅野に来て包丁職人さん、信州ノコギリ職人さんにお会いし、熱い熱い生き様に触れるコトが出来ました!


鉄という“モノ”に全身全霊で向き合い、魂を込める。

出来上がった包丁は単なる“モノ”ではなく、職人さんの魂が同居している。

まさに“ホンモノ”

今回は工程の一部を体感しただけなので…帰りに包丁を購入🔪

妻が「パンの切れ方がハンパない!」と喜んでます^_^

すぐに研ぎに行けるのもいいねぇ〜

『ちの旅』(僕の古巣)では職人さんの生き様に触れながら、マイ包丁づくりをする旅をご提案。ホンモノを感じてみませんか?

(有)定正
http://sadamasa.jp/









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

のだオバさん。

放送作家。夢で「諏訪大社に行け!」と言われたのを真に受け、長野県茅野市に移住^_^余所者の目線を通して、諏訪・八ヶ岳エリアの魅力を発信!花好きから「あいつオジさんのくせに、オバさんっぽいな」と言われ『のだオバさん』に…。天然の妻・フリーアナウンサー谷岡恵里子は相当ヤバい(笑)

人生が変わる信州すわ・八ヶ岳たび〜歴史・文化・祭り〜

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。