SaaSの説明

[SaaSとは何か?]


SaaSの代表例は
GmailやYoutubeですが、

--------------
これらの特徴は
(SaaSの特徴1)
「インターネット接続があるところでしか使えない」
(=> [専門用語に置き換えると]
インターネット経由で、
アプリケーションレイヤまで構築したものを提供している)

--------------
(SaaSの特徴2)
「使用方法は大きく2通り」
(=> [専門用語に置き換えると]
クラウドサービスとして利用するか
ネイティブアプリとして利用するか)

--------------
youtubeを例にあげると
(特徴2-A) ブラウザ(firefoxなど)で
youtube動画を見る場合

[こっちがクラウドサービスですね。]

[メリット]
*手軽に利用できるところ。
(ブラウザ依存なので、アプリ1つ1つのインストール不要)

*OSがwindows, mac, Linux, android, iOSどれでもいけるところ。

[デメリット]
*通信量(トラフィック)が多くなってしまう。

*処理速度が劣りやすい(描画速度など)

--------------
(特徴2-B) youtubeアプリで動画を見る場合
[こっちがネイティブアプリですね]

[メリット][デメリット]は先程と逆です。

[デメリット]
*OSに依存している
例えば、
youtubeのネイティブアプリは
iOSやAndroidにはありますが
windowsやmacのPCを使用する際に、
wordやfirefoxみたいに
アイコン(=> GUI)として、
youtubeアプリが表示されているのを
見たことはないと思います。

[メリット]
*通信量(トラフィック)が少なくて済む。(アプリ内のUIコンポーネントのダウンロードをしなくて済み、必要な情報をJSONなどで取得すれば済むため安価)

*処理速度が速い(画面表示速度など)

[P.S.]
わたしなんかより
詳しい専門家の方が書いた記事の中で、
私達初心者に
優しく書いてあるスライドを
添付しておきますね!

(スライド P16 - P18)
https://www.slideshare.net/hiroyasuyamada79/aws-41438821

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Noël

【note登録日】2018.10.16 WEBバックエンドエンジニアのアカウントです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。