大人460円。3分20円のドライヤー。

昨日の夜。
私が家に帰ってくると、ルームメイトが「提案なんだけど」と一言置いてから

「銭湯に行かない?」

と言ってきた。 

家の近く、少し歩いたところにある銭湯。

ただの銭湯じゃなくて、東京にいくつかある温泉のひとつ。

毎日通る道にあるそれは、いつも明かりを灯していて、いかにも「地元の人たち」が足を運んでいるのを目にしてた。

少し興味はあったけど、自分はなんだか入るのに少し勇気がいって、誘われるたびに「また今度」と言っていた。

昨日はあまりにも誘ってくるし、私もなんだか入ってみたくなって「わかった」と答えて、2人でタオルと着替えを持って銭湯へと向かうことにした。

雨がしとしと降る中、いざ足を踏み入れてみると、小さいロビーで涼んでる人たちが数人。
壁にたくさんの棚が並べられて、漫画がたくさん。

大人460円の入湯料を払って、脱衣所へ。

思ったより広いし、入りづらさもない。

なんて思いながら服を脱いで、ガラリとガラスの扉をあけてみると、プールの消毒のような匂いがつんとして、なんだか一気に非日常になった。

いつも温泉にくると、髪や体を洗いながら、これから私はどんな温泉に浸かるんだろうとワクワクが止まらない。
その時もそんな気持ちが出てきて
「うわ〜〜早く浸かりたい〜〜」なんて心躍っていた。

全身きっちり洗い終え、椅子も片付け、自分周辺も流す。

湯船の方へ目を向ける。
いざ!

下から空気が出てぼこぼこ音が鳴っていて、少し熱いくらいの温度が気持ちいい。

「はあ〜」と息を吐いて、肩まで浸かって足を伸ばす。

なんで今までこなかったの…と自分を責めながら。

歩いて5分。
しかも温泉。
こんな素敵な場所、もっとこないとダメじゃん…。

その時すでに夜の1時。
あんまり人はいないから、目を瞑って自分のリラックスに集中した。

「地元感!」に囲まれると、ビビってしまう。何か間違えたりすると注意されたりするんじゃないかなとか思うけど、私のこの地域での銭湯デビューはそんなことなかったようだ。
それに私もこの地域にいるんだし、もっと堂々と入ればいいね。

(栃木の日光で地元の人しかいかないようなところにいったら、周りみんな知り合いらしくお喋りしてて、私だけぽつんと端の方で、なんとも寂しかった。でもそれはそれで、旅の醍醐味だなあと気づく)

たっぷりいい湯に浸かって、脱衣所で扇風機の風を感じる。

3分20円のドライヤー。

できるだけ髪を乾かす。乾かなくても、お家で乾かせばいいやと、心が気楽。

ロビーに出ると涼しくて、コーヒー牛乳を片手にうちわで扇ぐ。

ああ、なんて気持ちいい。
絶対また来よう。

少し休んでから、銭湯にいる間乾かしておいた洋服を取りに、近くのコインランドリーに向かう。

むわっと蒸し暑くて、また汗が出てきてしまいそうなほど。

そういえば2年前くらいに、温泉施設でヒーローショーみたいなものをやったとき、出演者数人で、夜のコインランドリーで大量の服を乾かした。
夜中で人もいないし、待ってる間が暇だからって、トランプ持ってったりアイスをみんなで食べながら待った。

ルームメイトと
「あれは青春だったねえ」
なんて話をしながら、懐かしんだ。

(去年の別の舞台で、1人で出演者全員の服をコインランドリーに持って行き洗濯と乾燥を待っている間、真夏の8月、蝉の鳴く中、他に待つ場所もなく扇風機もないコインランドリーで汗ダラダラになりながら待ってたのは辛かった)

服を取り出して、雨がしとしと降る中、傘をさして帰る。

火照った体にちょうどよくて、なんとも気持ちいい。
少し髪が濡れたまま、コーヒー牛乳片手に帰る。

なんて夏。
なんて最高な瞬間。
これが心の栄養補給。

お家に帰って、ソファーにばたり。

「気持ちよかった〜〜!」
「また絶対いく!」

ルームメイトは、「ほらね」って言って笑ってた。

最高な夜だった。
またいくからね。

***

(間違いがあって、編集では直らずもう一度あげなおしました!)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、舞台制作、旅先で素敵なときめきと出会う、他にも自己投資のために使わせていただきます。使い方は全てツイートします。また、サポートして下さった方をTwitterで紹介させていただきます。noteを読んでいいなと思ったら、ぜひサポートよろしくお願いします!

明日いい日になるよ☀
10

染谷ノエル

小さな出来事を特別なときめきに。旅と写真とカフェ巡りがすき。 15歳から1人で4年半、イギリスに演劇留学をして、今では旅をしながら舞台俳優。喫茶店で働いたりもしている。日本を、世界を旅したい。noteは日常や旅の記録。毎日更新挑戦中。

日常のときめき。

日常のちょっとしたときめきをまとめます。

コメント2件

いつもnote拝見してます☺️
もしよかったらわたしが働いている高円寺の銭湯「小杉湯」にぜひ遊びに来てください!
ノエルさんにもきっと気に入っていただけるかと、、!!
中島さん
わー!ほんとですか!嬉し恥ずかし…🥺私もいつもツイッター拝見してます!

以前小杉湯さんのバイト?情報載せていたのが凄く素敵でチェックしてました!高円寺近いので、ぜひ遊びに行きたいです!!!

コメントすっっっごくうれしいです。本当にありがとうございます!いつか舞台も一緒に創ることができたら幸せだなあと思います😌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。