米海軍は秘密のレーザー兵器の証拠隠滅をしている

COBRAの2019年4月4日の記事「Soul Families Workshop Report and Planetary Situation Update」で紹介された記事「The US Navy is Destroying Evidence of Its Secret Laser Weapons Research」を翻訳しました。翻訳料は300円です。


"このワークショップによってマトリックスに巨大な裂け目が入ったので、アルコンはその後数週間にわたり狂いまくって主要な人たちを無情に攻撃しました。

この攻撃の多くは、指向性エネルギー兵器やネガティブなソーシャルエンジニアリングを使うものでした。

一方で、カバールによる闇のオカルト的マインドプログラミングの行為が暴露されて、人々がそれに対して闘っています。

そして、カバールは、強いパニックに陥って証拠隠滅をはかっています。"

元記事:

子供の頃、きっと将来は戦争でレーザー兵器が使われるようになるんだろうと思っていたものです。そう、その未来がやってきました。世界三大軍事国家は中国、ロシア、アメリカですが、いずれも人間を2秒で消し炭にしてしまうレーザー兵器の開発に忙しいようです。

もしくは想像を絶するほどの苦痛を伴う火傷を負わせる兵器を開発しているようです。

まあ、時は2019年ですからね。車はまだ空を走っていませんが、殺人光線銃くらいならあってもよさそうなものです。

この続きをみるには

この続き:991文字/画像1枚

米海軍は秘密のレーザー兵器の証拠隠滅をしている

NOGI

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

NOGI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。