見出し画像

情報アップデート


元記事:

2013年2月24日(日)

背後で起こっていた特定の進展について、ようやく話すことができるようになりました。

レジスタンスは地表に向けて大きな前進を遂げました。地下0m~30mの間は、物理的には完全に解放されました。それは残っていた全ての地下の軍事基地の最上階層の最終掃討が済んだことを意味しています。地下0m~30mの間に存在していた、ブラック・プロジェクトに少しでも関りがあったものは全て完全に排除されました。つまり、カバールはもう地下施設を不法な目的で使用できないということです。カバールが儀式やマインドプログラミングの為に使用していた、残りの少数の地下施設も完全に除去されました。カバールが使用していた地下武器や薬物の格納庫などの地下施設も、全て完全に掃討されました。更に、地下のゴールドなどの貴金属や、歴史的遺物などの保管庫も、カバールの手の内から離れました。カバールは今、惑星地表を使って行動するしかできなくなりました。

レジスタンスはあるテクノロジーを用いて、地下0m~30mの間の大多数の環境汚染を浄化しています。人類の活動によって地下にできた環境汚染です。レジスタンスは更に、過去の戦争残骸物のほとんどを除去しました。武器や遺骨など、人類の蛮行によってその層に永年蓄積されてきた、遺物です。それらはネガティブなエネルギーを長年にわたって定着化させるために使われてきました。

また、レジスタンスはエーテル的アルコンが手下たちを物質界に顕在化させるために使用していた、ある技術を封鎖しました。よって、グレイやレプティリアンなどの姿を見ることは、もう無いでしょう。

ブラックボックス技術も排除されました。物質界のアルコンはエーテル界からチャネリングの形で情報を得るために、オカルト儀式に頼らざるを得なくなりました。ご存知の通り、チャネリングは情報ソースとしては信頼性は皆無です。

22,000人のレジスタンスのエージェントが惑星の地表に出てきて、最後の解放の準備を支援しています。時間と共にこの人数も増えていくでしょう。

今はまだ、カバールは地表をほぼ支配し続けています。彼らが焦点を当てているのは、惑星を巡るお金の流れを支配することと、マスメディアを通して情報操作をして人々を眠らせたままにしておくことと、ライトウォーリアーを偽情報エージェントを使って踊らせておくことと、隔離された地球の外側にいる生命体に関する全ての証拠を隠滅することです。

支配が崩れる前に、光の勢力のあるオペレーションが実行されなければなりません。もうその準備はできていて、実行の瞬間を待っています。その一つは既に実行されています。プレアデス艦隊についてのオペレーションです。まだやらなければいけないことは山ほどあるので、イベントが5月25日のポータル解放の前に起こる可能性は極めて低いと言えます。


Cobra at 2:29 PM

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

NOGI

未翻訳のCOBRA関係の記事を翻訳します。 COBRA基本情報 (PFC-JAPAN OFFICIAL様): http://urx3.nu/IBCZ ブログ: https://goo.gl/2qjsiD イラストレーターファンザR: https://goo.gl/n5Se8y
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。