アセンションへの道と「スターゲート」について

2018年8月1日の「Key to Freedom meditation Update」で紹介された記事「THE WAY OF ASCENSION」を翻訳しました。翻訳料は300円です。

"アルニラムのスターゲートについてはこちらの記事を参照してください。"


元記事: 


このページでは「アセンション」と呼ばれるイベントの過程や、私達ライトワーカーは何者であり、何をするためにここに来たのか、ということについて少しお話しようと思います。

その過程で、惑星のアセンションへのエネルギー的な準備が促進され、アセンション・スターゲートについても触れることができるでしょう。

背景となる情報のほとんどはSolara著の「11:11」から借用しております。
こちらの本は1992年の11:11ゲートウェイの活性化のことが描かれています。
本に書かれた情報は今日でも有効で、どの世代のライトワーカーにとっても共感を得られることでしょう。

光の宇宙家族のメンバーは1900年代中期から、地球のアセンションのプログラムを支えるために転生してきました。この期間中、彼らのほとんどは鍵となる日付に覚醒していきました。最初の「国際平和デイ」である1986年12月31日や、「ハーモニック・コンバージェンス」の日である1987年8月16日、アースデイである1990年4月20日などです。
聖ミカエルの天使団は1988年の2月に活性化され、地球のメルキゼデク教団は1991年11月11日に活性化され、1992年11月1日にはアセンション・ゲートウェイが活性化されました。このアセンション・ゲートウェイは2011年12月31日まで開いていました。

これらの地球の歴史上重要な期間にいたライトワーカーは、今日もまだここにいます。そのほとんどは支援役として舞台裏に立っていますが、中には表舞台で活躍している者もいます。

多くのライトワーカーは今回こそ「決着をつけるために」肉体を持って地上に降り立ちました。


重複空間とゲートウェイ

オリオン・ベルトの三ツ星は「重複空間」があるゾーンとして知られています。

オリオン座の上半分は光の領域であり、一等星のベテルギウスに率いられています。オリオン座の下半分は闇の領域であり、同じく一等星のリゲルに率いられています。

上半分と下半分はどちらも三角形を形成しており、頂点が重なり合って、ダイヤ型の重複空間を形成しています。

この重複空間の管理者はワンネスを定着させる役目を持つ、大天使メタトロンです。メタトロンはかつてライトワーカーがメンバーであった、エロヒム協議会の議長です。

この空間は闇と光の「神聖な合体」を象徴しています。
相対する両者がONE(一つ)に結合し、二つは完全な闇でも完全な光でもなく、元々闇も光も包括する「偉大なる光」であったことを悟る空間です。

これこそが、この次元にいる私達の根底にある真実です。二元性そのものの真実を理解し、両極を融合させ、ワンネスの意識へとたどり着くのです。

このゾーンを定着させているオリオンのベルトの三ツ星は、EL、AN、RAの星の系譜も定着させています。私達とこの惑星が次元上昇をすることで、このゾーンへと「旅立つ」ことになります。

このゾーンの中央にはAN(アルニラムの星)があり、ここがアセンション・ゲートウェイです。そこは大天使メタトロン、大天使ミカエル、そしていと高き神の祭司メルキゼデクによってバランスを整えられた三角形の空間です。

メタトロンはANの系譜に属する存在です。ANは太陽(男性性)と月(女性性)の結合を表す、ONとANの二つのレイ(光線)から成ります。
ヒマラヤのシャンバラは男性性のレイを定着させ、反対にANは女性性のレイをアンデス山脈に定着させています。

ミカエルは3次元から真我(至高であり、星であり、天使である)へと人類を導くことを導き、守護をします。

メルキゼデクは神秘の王や宇宙議会として働きかけ、秘儀の保持者や古代から続く知識を管理します。


アセンション・スターゲート

スターゲートについてより詳しい情報を求めるならば、Drumvalo Melchizedek著作の「The Ancient Secret of the Flower of Life , volume 2」をお読みになると良いでしょう。

スターゲート、または内なる次元ポータルは、六芒星として姿を示すと考えられています。私達が実際に次元ポータルを試したところ、それは通常三角形やピラミッド型として表れました。

スターゲートを通ることで、一つの存在(次元)から別の存在(次元)へと移行します。私達が2次元空間(例:三角形)や3次元空間(例:三角錐、四面体)として描写する空間に移行する可能性もあります。

この三角形スターゲートは基本的に「男性性」と「女性性」にすることも勧められています。その際、男性性三角ゲートは上向きに、女性性三角ゲートは下向きにしてください。男性エネルギーと女性エネルギーがバランスよく重なり合い、六芒星、即ちスターゲートを形成することが望ましいとされています。

アセンションを達成するため、またはその準備をするためには、このバランスを取る過程をクリアすることが非常に重要です。

男性性三角と女性性三角は基本的原理となる事柄の上に定着させてください。例えば男性性ゲートに知恵、思いやり、人間らしさ、もしくは美、愛、真実を定着させ、女性性ゲートに愛、真実、統一、もしくは信頼、調和、平和を定着させるなど。

様々な組み合わせを試してみてください。ですが、六芒星には必ず真実と愛の側面を加えるようにしてください。スターゲート(六芒星)のそれぞれの三角形の角は、それぞれがバランス点としての役割を果たします。それぞれの点が、他の二角を安定させる役割を持ちます。例えば、「愛」と「真実」の角が「美」の角を導くようにしたり、「信頼」と「調和」が「平和」を導くようにするなど。

三角錐などの三次元スターゲートを利用する場合も、これらの例に則って、それぞれの角が頂点をバランス点として支え、望む結果を生み出すようにしましょう。

最近まで私達はメタトロン、ミカエル、メルキゼデクという男性性エネルギーを使用してきました。

そして今、至高の女性性エネルギーをグラウンディングさせる時が訪れました。もう一つの三角形ゲートには女性性の側面である「LAS TRES MARIAS」の高次元の側面を持たせましょう。それを逆三角形で、至高の男性性を持つ正三角形と対にします。

「LAS TRES MARIAS」は3人のマリア、即ちキリストの母としてのマリア、キリストの伴侶であるマグダラのマリア、そしてマグダラの母であるマリア・ジャコビを大天使の女性性側面として、三角形にそれぞれ定着させます。

男性性と女性性の対となる三角がついに交わるのを感じ、それが六芒星のゲートを形成します。それはライトボディーのひな形を描きます。
この男性性と女性性の両極の結合によって、新しい時代と意識の変容が誕生します。

三角錐の合体による三次元モデルの六芒星としてこのゲートを確認できることもあるかもしれません。その場合は至高の男性性と至高の女性性の三角錐は、それぞれのエネルギーによって頂点を支えている形式をとるでしょう。


私達のミッションとは

2012年にはアセンションのポータルが公開され、この惑星をこの次元(界)に繋ぎとめている状態に変化を加えることになるでしょう。

その時には、ワンネスの原型(統一された集団意識)が定着し、二元性の時代が終わりを告げ、光の宇宙家族というライトワーカーの地球でのミッションが遂行されることになるでしょう。

セントラルサンの黄金の太陽天使が自分のホームへと帰還する時です。EL AN RAの星の系譜、ミカエルの天使団、メルキゼデク教団、またはAnnutaraとも呼ばれる、星の一族です。

この惑星と共にアセンションのポータルを通る者には、新生地球と共に次の段階へ移行するか、より高いオクターブ(宇宙)へと移行するかの選択が与えられます。

後者を選んだ者は、以前にアセンションを遂げたグループに参加することになります。「神話」に出てくる存在、例えばドラゴン、ユニコーン、クジラ、羽のあるライオンなども登場します。四大精霊(ノームシルフウンディーネサラマンダー)も自分のホームである銀河マゼラン雲に帰還するでしょう。アセンションと遂げた人類と共に残ることを選んだ精霊たちは、新生地球に相応しい自然を再構築することを手伝ってくれます。

果たしてどちらのグループに入ることになるのでしょうか!自分のミッションが果たされるまでは、それは明らかにはならないでしょう。そのミッションとは即ち…
1. 完全に覚醒する
2. 大いなるセルフ(自分自身)と一つになる
3. 真の自分を完全に受け入れ、ハイヤーセルフ(天使存在、星としての自身)と融合することで、地球上での自身を完璧に体現する

私達は光の柱なのです!このことは、言葉に尽くしようがありません!
私達の多くは、本当の菩薩なのです。ここに残ることを選択し、必要とされている限り残り続け、神聖な誓いを順守し続けています。
それぞれの誓いは、進化のサイクルが一周する時に消滅します。
この時代が完了する時にサイクルが一周し、全ての菩薩たちは新たなオクターブへ進むか新生地球に留まって誓いを一新するか選択できます。

人類と共に留まることを選択した菩薩は、ゲートウェイが閉じる前に、新たなオクターブへ旅立つ菩薩(アセンデッド・マスターや大天使)から任務を引き継ぐ準備をします。

私達は皆、天使やマスターの卵です。
本当の自己を知り、エゴは除外して、自分を卑下せずに、真実を受け入れる必要があります。完全な光を抱き、自分の魂に沿って生きていきましょう。


-----------


今の最重要課題として、自分自身が多次元的存在であることに完全に目覚める必要があります。三次元の物質体と四、五次元の自身を繋げてください。

その為には真実とソースへの献身に完全に自分を捧げる必要があります。Solaraは彼女の著書で次のような助言をしています。

「あなた自身の至高の真実にそぐわない全てを手放してください。
自分の振動数に合わないものは全て捨ててください。
それによって空いた、新しい自由空間にいる自分は、必要でない活動から解放されています。
やらなければいけない仕事、解決していない人間関係など、自分を本来の姿より小さくしている物事は、意識的に手放していきましょう。
自分を狭く定義している役割があれば、それは手放してください。
人生に喪失を感じた時、それは単純に自己の至高の真実のために、より相応しい物事ができる余裕が作られたという事に目を向けてください。
自尊心を発達させてください。そして愛を与え、受け取ることを学びましょう。
ネガティブな感情が湧き上がってくることを認め、観察し、解放してください。驚くことはありません。それに縛られることも、行き詰る必要もありません。
「力」に関する、自分の中の恐怖を整理してみましょう。
罪悪感はさておき、過去に自分が犯した罪を赦してあげましょう。そして自分を元気づけてあげれば、他の人たちの犯した罪も赦してあげられるでしょう。
勇気を出して、堂々としたセルフ、真実の自分になりましょう。
自分を静寂に浸らせる時間を作ることは欠かせないことです。形式的な瞑想にこだわる必要はありません。それが静寂の時であることが大事です。確かな時間を毎日作ってください。寝たらダメですよ!
生活の中に、何か楽しいことや、リラックスできる時間を作り出したり、それとこれはとても大事なことですが、あなたを成長させてくれる他の人達と遊びにいくようにしてみてください。」



"The Golden Light of Universal Consciousness" © Inner Light
as shown to Mark in December 2007

© Copyright Hilary Hargreaves & Mark Brittain

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

NOGI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。