アルコン感染

COBRAの2019年5月15日の記事「Situation Update」で紹介された記事「Archons Infection」を翻訳しました。翻訳料は300円です。


”1996年1月の最後のアルコン侵入時に闇の勢力は、地球の光のグリッドを崩壊させるために闇のワームホール主要進入点を3地点で設定しました。

この3地点の闇の進入点は以下の通りです。

コンゴ キブ湖のブカヴ
スロベニア リュブリャナ
米国カリフォルニア サンタモニカ

リュブリャナとサンタモニカは、地球規模のアセンションを起こせる潜在力を最大限に有するアセンション・ボルテックスのある2地点でした。しかし、闇の勢力がその支配を続けるために、両地点を抑圧する必要がありました。

ワームホールは、上記の地点およびその上空で、エーテルおよびプラズマの従来型の数回の核爆発(世界全体で合計約200回のエーテル・プラズマ核爆発)により形成されたもので、リゲル恒星系につながる多次元ワームホールです。

リゲル・地球ワームホールを通じて、多くのネガティブな生命体が惑星地球にやってきて地球を汚染しました。”


元記事: 


アルコンは寄生型生命体です。知能を原動力にし、精神を捕食します。多次元的に存在しており、6次元の低周波数域から1次元までの間の次元を自由に行き来できます。(訳注: こちらはCOBRAの見解とは大きく異なっています) アルコンは見えないように我々の現実に直接影響を与えてきますが、3次元に留まっているだけではありません。大小の差はあれど、アルコンはこの銀河の全生命体に感染しています。精神的エンティティであり、周波数の世界で活動しているため、銀河内の全存在の精神構造に影響を与えることができるのです。したがって、アルコンは知能が高く、精神を食らうエンティティであると言えます。実体を持たない存在ですが、4次元の世界に現れたアルコンを目撃した人の証言によれば、黒いナメクジのような外見を持っていたそうです。黒いヘビかナメクジのような、黒い雲のようなエネルギーの集合体がズルズルと滑るように動いているのを想像できます。黒いベトベトしたナメクジのような生命体を、アストラル的エンティティや亡くなった人の幽霊に悩まされている人の家の中で見たことがあるヒーラーや霊媒師も多くいます。このような生命体は、人々のオーラ場のチャクラが位置するところから触手を入れ込み、対象者のエネルギー体から栄養を盗み取ります。中世では血を洗浄するためにヒルが使われていたように、この黒いヒルのような生き物は人間の生命力を吸い取るのです。

この続きをみるには

この続き:7,595文字

アルコン感染

NOGI

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

NOGI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。