薔薇の姉妹団結成への入り口

COBRAの2018年12月7日の記事「Brazil Ascension Conference Report and Situation Update」で紹介された記事「Invitation to start Sisterhood Of The Rose groups」を翻訳しました。翻訳料は無しです。

"アセンション会議のエネルギー自体は驚異的で、400名の参加者が巨大な光の共鳴場を形成しました。

会議の第2日目には、大きなブレークスルーが起きました。かつてない女神のエネルギーを定着させることができたのです。

会議参加者の内から100名以上の方が、自分の地元で実際に合って行うバラの姉妹団(SOTR)の設立の意図を表明しました。"

元記事:

Posted on December 3, 2018 by peterpansblog

SOTRグループ結成

 カンファレンスの二日目の午後、コブラは地元でSOTRグループを作りたい人に、ステージ上に上がるように呼びかけました。コブラは前もってグループ結成への必要事項を説明をしました。最低人数は3人。週に一度、物理的な場所に、物理的に集まること。そして女神瞑想の情報やリンクはブログに載せていくと伝えました。内的に導かれたのなら、他の瞑想や活動をしても良いとも言っていました。会議全体を通して、コブラは女神や女神のエネルギーについての様々な話題に触れていきました。ノートがまとまり次第、私のブログ(Peterpansblog@wordpress.com)に投稿していきます。

 多くの人がステージへ上がり、やがていっぱいになりました。皆が輪になることになりましたが、人数が多すぎるので二つの輪になりました。内側の輪と外側の輪です。手をつないだ両側の二人と繋がった感覚を覚えました。次に、グループの皆と繋がった感覚がゆっくりと湧き上がってきました。物理レベルと、魂のレベルの両方で。

 コブラは私が女神に捧げるために会場に持ってきた8本のオレンジ色の薔薇を、輪の中央にある小さな白いテーブルに置きました。そこには大きな盃(さかずき)型のモルダバイトも置かれていました。

 コブラは言いました。「アイシス・アスタラがここに来ています。」彼は、彼女を通して女神エネルギーをチャネリングをするというのです。

彼がゆっくりとテーブルの周りを歩き始めると、私はアイシスの存在感を感じました。歩きながら彼は言いました。「他の存在もここに来ています。」彼が述べていったその存在達の名前は、まるで近しい友人かソウルファミリーのメンバーであるかのように聞こえました。眼から涙が溢れます。とても強い感覚を覚えました。女神は確実にそこにいました。そして彼女は私達の肉体に入って一緒になっていました。

コブラは少しの間話を続けた後、私達に見守られながらしばらく沈黙しました。物質的三次元領域と五次元の愛と光の領域を繋げていたのです。

私達全員も静かに見守っていましたが、そのうち輪のどこからか柔らかな音のハーモニーが聞こえてきました。それはやがてステージ上の全員へと拡がっていき、自分たちから出る音へと変化していきました。

聖音「オーム」など、声や歌で表現できうる様々な音がそこに溢れていました。私の近くにいた女性が皆が聞こえるほど大きな声を出しました。何らかの力か、あるいは何らかの存在に活性化されたかのようでした。

 後にコブラが皆にどのように感じたかを尋ねると、こちらの女性が体験を話しました。彼女にアイシス・アスタラが入ってきて、美しい光と愛の言葉を告げたというのです。

 ステージ上に響く音は大きくなっていき、その種類も多様になっていき…最後は柔らかな音になり、沈黙が再び訪れました。

 私達が繋いでいた手を降ろすと、皆がお互いを抱きしめあいました。自由な気分でハグをすることができました。誰とでも、もっと心が通い合う気がしました。会議の間で、一番このような感覚を持っていた瞬間でした。お互いのハグはなかなか止まず、誰もステージを降りようとしませんでした。女神は私達の中に生きていました。

 席へ戻ると、コブラはとても面白いことが起きたと話していました。私達は物理的にも魂のレベルでも、お互いに心を開いて、お互いに繋がることで、イベントへと近づいていくのだと感じました。

 光の勝利を。女神の勝利を。全ての命が女神と共にありますように。女神は新しい愛のウェーブを招き入れ、私達を三次元の物理界から解き放ってくれます。そして私達はアセンション・プロセスへと歩みだすでしょう。女神はこのようにして、私達をイベントへと近づけてくれているのですから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

NOGI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。