惑星状況のアップデート 09-11-2013 Part 1


元記事: 

2013年9月11日(水)

予想通り、光の勢力の大規模作戦が9月に開始されました。

東方連合は一斉に行動を開始しました。東方連合はBRICS政府官僚、インターポールのメンバー、中国軍とロシア軍のメンバー、ホワイトドラゴンソサイエティとポジティブなテンプル騎士団のメンバーといった、レジスタンス・ムーブメントから惑星解放に向けて間接的に導かれた組織から成る、緩やかな連合体です。

BRICSは新金融システムの基盤の一つとなる、新しいグローバル銀行の創設を発表しました。

東方連合の代弁者である、ウラジミール・プーチンは、現在のシリアの危機の最中に、カバールの所業を大衆に向けて公表するための一歩を踏み出しました。

舞台裏ではカバールの降伏に向けての交渉が続いています。イエズス会とロスチャイルド派の大部分は、既にイベント時の降伏へ理論的意欲を見せています。

イエズス会のローマ教皇フランシスが友好的なふりをしているのは、その為です。彼自身とカトリック教会についての恩赦を欲しているのです。

しかし、ロックフェラー派(イルミナチ・ペーパークリップのキッシンジャー、ブッシュ、チェイニー、ラムズフェルドの犯罪シンジケート)は、降伏を拒んでいます。最後の最後まで、核兵器による第三次世界大戦などを起こしてでも、とことん戦おうとしています。言うまでもなく、光の勢力はそのようなことは起こしません。

また、ムスリム同胞団がシリアへ軍事介入をしようとすると、エジプトのポジティブミリタリーの行動の引き金を引いてしまうであろうことと同様に、ロックフェラー派がシリアへの軍事介入をしようとしても、アメリカのポジティブミリタリーの行動の引き金となるでしょう。

カバールのシリアへの軍事介入は、私の情報筋によれば起こらないはずです。しかし、カバールは物事を瀬戸際まで詰めようとしてきます。そんなことをしても、自分たちの大衆への露出や、自滅を加速化させるだけの結果となるでしょう。

ペンタゴン内でも、ポジティブ派とネガティブ派の静かな戦争が続いています。

ポジティブ側としては、アノニマスが再度活発に動いています。

一方、ネガティブ側は核兵器を使って脅してきています。再度言いますが、そのようなことは起こさせません。また、軍部のポジティブ派とネガティブ派の間の緊張によって、隊員達の間で指揮系統への不信感がつのり始めています。

皆がロックフェラー派に反発しているようです。東方連合はロックフェラー派に対しての国際世論を集めており、ポジティブミリタリーは行動への準備をしています。降伏交渉の間、イエズス会やロスチャイルド派のメンバーでさえ、ロックフェラー派の高慢の鼻をへし折る意欲を見せていました。それに加え、エーテル界からのネガティブな影響が大きく減ったことから、ロックフェラー派は中位と低位の手下たちからの反発を受けることが予想できます。

レジスタンス筋によれば、イベントが今起こった場合、逮捕される前のカバールと手下たちの最後のあがきとしての破壊工作や、一般大衆の暴動による結果として、世界中で100,000人の死者が出ることが予想されています。一般大衆については、特に「帝王マインドコントロール」の被害者が、オメガ・プログラミングの引き金が引かれることで、社会秩序を乱す行為に及びます。この人数についても、様々な要素が絡んでいることもあり、予測は困難を極めます。ずっと少なくなるかもしれませんし、多くなるかもしれません。

まだ許容できる範囲を超えた数であるため、レジスタンスは数を減少させると共にプロセスの加速化に尽力しています。

来週には惑星状況アップデートPart2を投稿できると思います。

光の完全勝利は近い!


Cobra at 2:10 PM


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

NOGI

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。