ちょっとだけ女の話をして、また男の話をする

前の記事を書くときに、思いついてはいたけど省いた方が主旨伝わるだろうなーっておもってたこと、ここに書いときます。まあ、つまりは女の話です。

っていうと、「まーたお前らは我が我がっていいだして男を貶すー」っていわれそうだが、前の記事はそう口をつく人にも読んでもらうために書いたけど、この記事はそういう人は別に読まんでもいいと思う。貶すつもりはないんだけど、貶しているようにも読めるかもしんない。

これもまた発端になったすももさんの記事への反応なのだけど、前半の要約……というかこれは半ば増田(=はてな匿名ダイアリーの筆者を指す俗称)の男性への見解のような気がするけど、それも含めて……特に異論はないんですが、後半の語り口に思うことがあって。

この意識改革は社会の構成員全員に求めるべき話であって、「女性の意識改革から始め」なければならないような事柄ではないからだ。
(略)
しかし、まずもって「女性」の意識の問題として挙げてしまうのはまったく不適切だし、同調しない「女性」を非難するのもまちがっている。
もちろん一部ブコメにあるような「女性は無関係である」「男性だけで解決しろ」「わたしに要求するな」といった反発もまったくおかしい。社会規範の話である以上、全員の意識に関わる問題だ。「「つらい男性」の境遇はすべて自己責任か男性同士の問題であって、わたしには無関係だ」という態度は、社会構造のせいで誰かが苦しんでいるという社会問題から目を背けているようにしか見えない。

増田がどの程度意識してるかわかんないけど、これって女性側の板挟みを含んだ話だなあと。

というのも、旧来的性役割における女とは「夫や家族をケアする存在」であり、つまり男性性のケアを期待されがちなわけで。そこに、発端記事の「女は経済的に自立したら男を助けてね」という結論は、女性の旧来的性役割の回帰を提唱しているように映る……ところもあると感じている。

抑圧からの解放を願って経済的自立に励んでいたのに、「励んだ後にやっぱりまた性役割よろしくね!」っていわれたら絶望するし、怒るし、しんどい気持ちは想像つく。拒絶反応のように過激に反発したくなる気持ちも、まあわかる。

かといって、性役割の押し付けになるから女性はご自身の経済活動にだけ励んでください……というのも変な話で。経済活動と他者へのケアは完全に分離できるもんじゃないし、いまだって経済的自立をしつつ普通に(男性も含んだ)他者をケアしたい・している女性も当然いるだろう。

すももさんも増田も、それらを意図してそれぞれの記事を書いたのかはわかんないけど、女性の側からすると相当ナイーブなところに触れる指摘だと思った。痛いところつかれたっていうか、イエスでもノーでも行き着く先が同じでなんの罠かな? みたいな。

ここまで考えて、ふと思う。

すももさんの記事では男性のつらさの例として、自殺・ひきこもり・ホームレス・長時間労働をあげていた。長時間労働はさておいて、前3つについては「職をなくしてその状況に陥った」がよく言われる(前の記事を書く際に統計資料の元データにあたったけど、やっぱりだいたいそう書かれている)

そこでストレートな解消を提示するなら「職を与える」になるんだけど、今度はこっちは男性の旧来的性役割に抵触しないか? と。

別にこれもすべての男性が働きたくないわけじゃないと思うし、経済力は欲しいし、仕事を通して社会貢献したい気持ちもあるだろう。けれどそういう感情は、男性社会における過剰な顕示欲、出世欲と密接な関係にあるのも想像がつく。それらは、多くの男性を特定の形になるように、圧してきたものだろう。

「またか」と絶望的な気持ちになる男性がいるのも、わかる。

わかっただけで、どうしようっていうのは特に思いついてないけども。

まあでもさー、思うんだけどさー、男でも女でもそれ以外の立場でも、つい先日「月30万円ももらってねえよクソが!!!」と大盛り上がりした今のこの国で、何をどう言い換えても「経済力をつけてね!」ってうっかり投げつけたら燃え盛るしかないんじゃないですかね。

経済力をつけたくてもつけらんないんだよボケえ! って叫びは、男女問わずいいたいことなんじゃないんですかね。

そういう話でした。

5

仲村

私はbotになりたい。/たまに同人誌だす方のオタクです。役に立つ話はしません。 https://twitter.com/natukusa

セイのカクリツ:ジェンダーと多様性の『未来』をいきる

太古の時代、生物の「性」は一つ=「メス」のみであり、細胞分裂や株分けで自分のクローン体を増やすだけだった。そこから突然変異的に「オス」が生じ、遺伝子交換によって生殖するようになったのは「多様性の担保」のためだといわれている。交配を通じて少しずつ違った形質を持つ個体が生まれる...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。