辞書を使わずに外国語を習得する

外国語を覚えるのって、簡単そうでなかなか難しいです。

語学コースを受講したり、留学したり、皆さん自分の学習スタイルに合った方法を試みるわけですが、成果は・・・それはまあ、人それぞれ、ですよね。

今回のケーススタディ(?)は私自身です。
なので、本題の「辞書を使わず」に入る前に、少し私の背景を説明させてください。
(これがないと、たぶん分かり難いと思うので)


私の場合

私の場合なんですが、英語圏ではないので、予備知識ほぼゼロで来て、現地に着いてから本当にサバイバル状態で始めました。
(どうしてそんな無謀なことをしたのか、という話はまたいつかの機会にでも。読んでくださる人がいれば・・・ですけど)

最初に行った先は語学学校なので、とりあえずそこで言葉の勉強に専念すれば良かったのですが、あまりのできなさに、今何を勉強しているのかもわからないほど。
先生に話しかけられても口が開けずに、目で必死に「わかりませ〜ん」と訴える感じでした。
あるクラスのときには、クラスメートで、ちょっとお母さんっぽい雰囲気の人がいて、気にかけてくれたりもしたんですが、それさえも情けなくて、申し訳なくて、素直に頼れないという・・・。
ペア学習のときにも、何もわからなくて、できなくて、パートナーになった人に「チッ!」と舌打ちされたこともあります。
ただでさえ苦しんでるのに、こういうの、本気で心が折れますから・・・。

その学校は基本的に学生寮もなくて、ホームステイとは名ばかりの、ただの間借りで1人の生活でした。ステイ先の家族との交流とかはなかったです。

今思い出しても、よく最初の半年で日本に逃げ帰らなかったな、という気がします。 「今が一番苦しいんだ。言葉ができるようになれば、楽になる」と思うことで、苦しさに堪えていたように思います。

そんな私なんですが、それでも約3年後には、最難レベルの語学能力試験に合格しました。
2次試験のひとつに「自由テーマでの発表」と、その内容についての質疑応答があったのですが、ここで試験官から「どうして試験なんかに来たの?今更テストなんて必要ないでしょう?」と言ってもらえました。
このときの私を、昔の語学学校の先生が見たら、きっと腰を抜かしていたことでしょう。
(試験を受けた理由は簡単で、正式な会議通訳者としての登録申請に、このテストの合格書を添える必要があったんです)
こうして結果だけを見ると、落ちこぼれだったとは思えないほどの進歩だと思います。


勉強法は?

ここで勉強法なのですが、答えはとても簡単です。

読書」です。
それも、わざと辞書なしで本を読みました。

私が読んだ本は、過去に日本語訳で読んだことのある小説や、小・中学生向けくらいの小説、あとは自分が多少は知っている歴史上の人物についての本、SF・ファンタジーなど、ジャンルはいろいろでした。
本の数は、多ければ多いほどいいです。

学校用の勉強するのに文法書は使いましたが、これも日本語ではなくて、その言語で説明してある文法書で、辞書もその言語(日本だったら国語辞典)でした。
勉強用に日本語の辞書(日英辞典みたいなの)を常時使ったのは、最初の3ヶ月くらいでしょうか。
それ以降は、よほどのことがないと日本語訳の辞書は使いませんでした。

自分で買った、純粋な読書用の本は、最初から辞書なしで読みました。
でも、本を読んでも、もちろんわからない単語ばかりですから、読んでいてストレスは相当あります。はっきり言って、読むのがものすごく苦痛、です。
だから1冊の本を読むのにかなりの日数がかかります。
それでも、諦めないで、ひたすら読むんです。

外国語の習得法として、これは効率的ではないかもしれません。
でも、結果として、語彙力や表現力は確実につきます。
単語や表現によるニュアンスの違いも、よくわかるようになります。
辞書で単語を調べると、意味が幾つも並んでいますが、どの文脈でどういう使われ方をするのか、というのは辞書だけ見ていてもなかなか身につきませんから。
しかも、辞書を使わず、文脈を頼りに推測したり想像力を働かせたりして読んでいると、「一度日本語に訳して理解する」というのを徐々にしなくなってきて、「その言語で理解する」、「その言語で考える」という能力も(意図せず)できてきます。

最初こそほとんど進歩の見えない状態が続きますが、ある時を越えると、ビックリするような伸び方を自分で感じることができますし、長い目でみるとこの方法で習得した言語は、より「自分のもの」になっていると思います。

***

このやり方が誰にでも合うとは思っていませんが、私には正解でした。

私は、もともと話すのが苦手で、人見知りをする性格です。(自慢にもならない・・・)
そんな私が、ましてや、外国語で気軽に誰とでも話せるわけなどないので、1人でいる時間がとても多かったのです。
それに、暗くなってから1人で外にいるのも嫌だったので、早い時間に自分の部屋に帰っているのですが、TVも電話もPCもない生活なので、勉強するか、本を読むか、寝るしかありません。
寝るのは大好きですし、学校のための勉強も確かにするにはしますが、それでも時間を持て余すことが多いので、本はとても良い時間つぶしなんです。
もっとも、読んで面白ければ良いのですが、残念ながら「全然わかんないよ〜!」と本を投げ出したくなる衝動と戦いながら読むので、それはキツイのですが・・・。

このやり方は、結局のところ本が好きだからできたのかな、と思います。
読んで内容がわからなくても、本のない生活は考えられなかったんです。


外国語の習得法として、私の場合は読書でしたが、人によっては「耳から覚える」という人もいるし、適した学習方法は人それぞれです。

辞書なしで、というのは一見すると無茶なやり方に見えるかもしれませんが、これは試してみる価値のある方法だろうと思います。
活字がお好きな方にはオススメです。

***

今私は、外国語ができるようになって、読める本の選択肢が格段に増えたので、とても幸せです。
偉そうなことを言っても、何のことはない、これが外国語習得の目的だったんですよ。
「mission complete」です。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると、とても嬉しいです。日本に帰省した際のセミナー参加など、勉強に使わせていただきます。

お身体をお大事に!
4

NoKo

留学のススメ

留学や、海外で学ぶこと、それに関わるすべてのことを。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。