「なりたい自分」って、どんな自分?


なりたい自分になる」というのは、わかるようで実はよくわからない表現のような気がします。

初めてこの表現を見たときは「うんうん、そうだよねっ!」と思いました。
でも、様々な記事やSNSなどの投稿を見ていると、ときどき違和感を感じることがあるんです。

「定義」の問題?

ネットを中心に、比較的簡単に日本語で情報を集めることが可能とはいえ、私自身の背景として(非英語圏の海外在住)、日本語以外の情報のほうが入って来やすいのは確かです。

こうしてnoteを書くようになって、それからアカウントだけ作ってほぼ放置状態だったTwitterも頻繁に(?)使うようになって、興味のあるテーマについては、単に知識としだけではなくて、「日本ではどういう捉え方なの?」とか、「日本語ではどう表現してるの?」といった確認をすることが、以前より多くなりました。

「なりたい自分」という表現や、意識自体に反論するつもりはありませんし、理想に向かう前向きな姿勢は素敵だと思います。
ただ、このテーマについて、一見すると同じ話をしているようで、実は人によって微妙に違うことを言っている・・・そんな印象を受けることも多く、それがなんだか落ち着かないのです。

そこで、そもそも「なりたい自分」の「なりたい」ってどういうことなんだろうか?・・・というのを考えてみました。

全ての「なりたい」が、同じ「なりたい」ではない?

「なりたい」には、大きく分けて3つのレベルがある、と私は思っています。

<Level 1> „What“

何か」を「欲しがる」こと。
物欲、名声欲といった方向です。

お金が欲しい、◯◯(職業など)になりたい、合格したい、昇進したい、・・・

目標も結果も、具体的な数字や肩書きに現れるので分かり易いです。
これがはっきりしてる人は、とても明確な目的意識があって、逆に清々しかったりするので、必ずしも「物欲にまみれた俗人」というわけでもなかったりしますし、欲しいものに向かって真剣に努力する人も多いので、とても前向きな印象を受けることも多いです。

<Level 2> „How“

比較的漠然とした「○○たいなぁ」という欲求。
これは「○○」のところに、抽象的な概念が入るのがポイントだと思います。

綺麗に(可愛く)なりたい、有名になりたい、幸せになりたい、成功したい、愛されたい(愛したい)・・・

この「○○」の中身は人それぞれで、具体的に「何が、どう」なのかは、外部からはよくわからないことが多いですし、感覚的・主観的なことなので、本人も周りも、何を基準にどう判断していいのかわからないです。

このレベルでの「なりたい」は、仮に「達成した」とそのときは感じても、その達成感は大概が一過性のもので、「もっと」欲しくなる場合も多いように感じます。
終着点が見えない(最初からない可能性もある)ので、どこへ行き着けばその願望が満たされるのか、本人にも周りにも分かり難いのです。

そこまで抽象的ではなさそうですが、「結婚したい」もここに入れたいと思います。
「結婚」という形としての結果は明確なのですが、実際には結婚に対するイメージを追いかけている場合が多そうなので、私の感覚では抽象的なんです。

あと、この「なりたい」は、周囲との比較で認識していることが多いように感じます。

「憧れ」や「妬み・僻み」といった「他所の芝生は青い」状態と、世間一般で言うところの「べき」に影響を受けているケースです。
そうやって周りに振り回されていては、いつまでたっても自分が満足できる「なりたい」には行き着けない気がします。

<Level 3> „Why“

自分の内から湧き出る動機に基づいた「自己実現」・・・言い換えると「なるべくしてなる自分」です。
これが本当の意味での「なりたい自分」だと私は思っています。

誰かの真似をしたり(コピーは所詮コピーに過ぎない)、周りから勧められたことを無批判に受け入れたり(自主性のなさ、承認欲求を満たすため、など)しないで、自分に正直に生きるには、自分軸がとても大事だと思うのです。それは「規律」と言ってもいいかもしれないし、「生きる上での美学」と言えるのかもしれません。

場合によっては、周りから誤解されたり批判されたり、もしかしたら孤立したり・・・と、必ずしも楽な道ではないと思います。
でも、「どうして自分はそうしたいのか?」という動機付けがはっきりしていれば「ブレない」と思うのです。

ちょっと言及しておきたいのですが、これは「自分探し」とは違います
「自分探し」は、私には「探しに行く」という部分に、とても強い違和感があります。
「自分」は自分の中にあるのに、どうして「外」に出かけないと見つからない(と思う)の?・・・と思ってしまうんです。

私は、こうして人生の半分以上海外に住んでいますが、過去に「日本が窮屈だったから外国に来た」みたいなことを言う人に、何度か出会ったことがあります。
じゃあ、そういう人たちが外国に来て「自由の空気」を吸えたのか、日本にいた時より幸せになったのかというと、必ずしもそんなことはありませんでした。特に、滞在期間が長くなれば長いほど・・・。
日本で不満がある人は、外国に出ても不満がありますよ。たぶん、日本以上にキツイと思いますよ」というのが、私の率直な意見です。

いずれにせよ、自己実現と聞いて「自分探し」に出かけるのは、あまりお薦めできないように思えます。

***

以上が私の考える「なりたい自分」の3つのレベルですが、あんまり固いことは言いたくないので、とってもゆるい絵を描いてみました。

この絵を見て「クスッ」と笑っていただけたら、嬉しいです。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると、とても嬉しいです。日本に帰省した際のセミナー参加など、勉強に使わせていただきます。

わたしもスキです❤️
6

NoKo

なりたい自分になる!

「なりたい自分」とは何か。どうしたら「理想の自分」に近づけるのか。私なりの考えを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。