【スプレッドシート付き】採用ブランディングで考えるべき12のステップ

トラックレコードの野崎です。

下のツイートを以前出したら、ちょっと反応いただけたので、この「憧れ」をつくるための段取りを言語化してみました。
これまでのDeNAやMERYの時にブランディングをしていた時の知見を基にしたフレームワークになってます。

記入項目、記入例を記した作業用のスプレッドシートを有料でお渡しします。詳細は最下部に記載しております。

全部で12ステップあるけど、これで大体できるはず

1)まずは採用ペルソナ書く

2)その人が企業にもとめているものを書き出しましょう
*汎用的に活用できる例を記載してます。

3)次に各要素に対しての評価をします。
まずは、そのペルソナの人の現職満足度を判定します。

4)次にその人が「これがあったら応募する」ものを判定します。

5)次にその人が「これがあったら応募しない」を判定します。

6)そして自社の実態を評価します
7)同様に採用競合となる企業の実態も評価します

これでまずは一区切り。

上記の判定・評価をした結果の記入例はこちら


次にここから、採用メッセージを以下の5種に分類します。


このように5つに分解するのは、それぞれが各採用プロセスでプラスに
(ときにはマイナス)働くので、それを定義し、意識的に発信することが必要だからです。


8)「憧れ」メッセージはこの選定基準で抽出します。

9)「魅力」メッセージはこの選定基準で抽出します。

10)「好意」メッセージはこの選定基準で抽出します。

11)「安心」メッセージはこの選定基準で抽出します。

12)「不安」メッセージはこの選定基準で抽出します。

*当然ですが、これは解消できるようにしましょう。

記入サンプルからメッセージを抽出すると以下のようになります

最後にtodoをラップアップすると以下

これでメッセージは一旦出来てくる

このステップでみえてきた採用メッセージを次は施策に落とすステップです。

実際にこれで構築したメッセージは、合理的な解が導き出せるかと思います。ブランドというフワっとしたものを、コリッと意思決定しやすくなります。

今回の段取りをまとめた↓スプレッドシート↓を有料で販売しております。課金いただければ、スプレッドシートのURLを記載しております。

また、理屈はわかったけど、考えるリソースや手を動かすリソースがなくて困っている。
という場合には、メッセージ設計から施策実行までお手伝いできますので、上の連絡先や(koji.nozaki<@>trackrecords.co.jp)まで、お気軽にご連絡ください。

↓詳しいプロフィールはこちら↓

以下の有料部分を課金いただければ、スプレッドシートのURLを記載しております。

この続きをみるには

この続き:146文字

【スプレッドシート付き】採用ブランディングで考えるべき12のステップ

のざきこうじ

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

105

採用広報

2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。