インフルエンサー研究所

どうも。野宮です。みなさんごきげんいかかですか。

このnoteは既存のインフルエンサーのツイートなどの発信内容から、そのインフルエンサーへの理解を深めることを目的としています。そして特定のインフルエンサーに理解を深めたあとで、ご自身がどのようなインフルエンサーになっていかれるかをご自身でお考えになりたい、という方に向けて書かれています。

では、始めます。


◇研究対象

今回は誠に僭越ながら、私自身で「研究対象」の選考を勝手に行わせていただきました(というかほかにだれがやるんだという感じですが‥)。実際のところ選考といっても、ただツイッターを見ながら、マウスをスクロールして「このひとにしよ」というのを四度くり返しただけですが、それでも見方によってはそれが「選考」といえないこともないでしょう。ともあれ、以下の四名が今回の研究の対象者になっています。



◇選考理由

さて、今回の研究対象を選んだ理由ですが、これはひとえに「私が彼らに興味を持っているから」というのがいちばんの理由です。はい。つまりですね、今回は私にとっての興味がある研究対象がうえの四名だっただけであって、彼らを分析して得られた情報が必ずしも世間一般に受け入れられるかというと、そういうことは難しいかなと思われます。

ただ自分自身のブランディングにとっては、極めて有効な情報を抽出することはできるはずです。なんと言っても星のかずほどいるひとの中から、四人を選んできたわけですから。従いましてこの講義が終わったあとには、みなさんは自分にとっての「気になるインフルエンサー」を集めてきて、自分で研究することがほんとうの研究になるわけです。はい。

私が選考した四人を選んだ理由はひどく漠然としたものでした。しかしこうした漠然性の中にこそ、真理が含まれているものです。なんとなく気にならないひとよりも、なんとなく気になるひとを選ぶのは、研究対象の選定手法としてべつに奇妙なものではないでしょう。

しかし研究をすすめるにあたって、もちろん気づくこともありました。以下が四人には共通していると思われます。
・学歴エリートではない
・努力・こんちくしょう系
・29歳以上

これは私のプロフィールとも合致するものですので、それが理由で彼らに興味をもったとも言えるのかもしれません。では、先に進みましょう。


■ツイート分析

①燃え殻さん

 ▶ツイートの特徴
  ・140文字のなかで普段見る景色を中心につぶやく。
  ・愚痴や感情的な発言もおおい。

 ▷感じること
  ・社会的に弱い立場にいるひとへの共感
  ・ザ・サブカル
  ・狭い店での哀愁ただよう時間


②桜林直子さん

 ▶ツイートの特徴
  ・機嫌がわるい姿をみせない。
  ・極めて客観的・メタ認知的。

 ▷感じること
  ・優しく理解のある親
  ・生産性の高いシングルマザー
  ・精神的につよい


③カツセマサヒコさん

 ▶ツイートの特徴
  ・内面の恥部を吐露する
  ・妄想彼女

 ▷感じること
  ・むずむずするが見てしまう
  ・いい意味で隙がある
  ・おしゃれ、都会的


④塩谷舞さん

 ▶ツイートの特徴
  ・利他的な情報を発信
  ・広告塔

 ▷感じること
  ・落ち着き
  ・信頼のいいねバック(神対応)
  ・芸大的ノリのよさ


◇研究結果

さて、このように具体的に自分が日々感じることをまとめてみると、不思議なことに「見えていなかった事実」が見えてきます。ここまでですでに四人の個性は充分バラバラにみえますが、そこにはある類似性もみつかります。

それは男性の場合は、隙があるほうがいいということ。「このひとだめだなあ」というふうにフォロワーに思われるほうが、好かれるという仮説が立てられました。

そして女性の場合は、より感情の揺れがすくないひとの方が好かれるのかもしれません。(実際には振れているとしても、それを外にださないという意味で‥。)

とはいえ。とはいえです。これは極めて辺境的、私自身にとってのブランディングのヒントですので、広く一般にそうであるということはできないと思います。ポイントは私が好意をもつひとは「男性は隙があり、女性は感情の揺れがすくない」ということだといえます。

一般論は危険です。なんどもいいますが、これはあくまで私にとってということです。ですから、みなさんも自分がいいと思うインフルエンサーを分析して、そこから抽出したエッセンスが自分のなかにあるかどうかをみてみるとよいのではないでしょうか。

では今回のnoteはこのへんで終わらせていただきます。

ごきげんよう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Oh Thank U
4

野宮 直喜

ΟΔΥΣΣΕΙΑ

論じている系の記事か、日常のこと。2018.3月-10月
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。