見出し画像

「Best」より「Better」でいこうと

(写真は次男作:子供の想像力が羨ましい)

栄養相談をする中で、私が心掛けていることは「考えを強要しない」「気づいてもらう」「できないことを無理に勧めない」という感じです

むかーし新人の時にしていた栄養指導は、糖尿病という病気にかかっている方の栄養指導

だから合併症にならないように、きちんと伝えなきゃと思っていたし、若造の私は何にもわからず、ただただ正論を伝えるだけww(自分が患者さん側だったら、そんなのわかってるし・・・って思っていたはず)

もちろんそんな時期も必ずしも通る道

今は、栄養相談に来られる方は病気というより、その前にあるような不調がある方だったり、スポーツしている成長期の子供たち

だからまた話す内容も違う

そして、今している方々は

「いつも頑張っている人達」

だから、そんな方に「もっとがんばって!」とは言わないし、自分も言われるのが苦手・・・ww

だから、改善のための目標もBestよりBetterで

今の状況でできることを提案し、一緒に考え、目標にする

30代女性も、成長期の子供達もいっつも頑張ってる

「頑張って」はきっと誰かが言っていると思うので、私は言う役目じゃなく、

自然と頑張ろうと思える心や体になるようにサポートしていこう

こんな感じのゆるーい栄養相談を受けてみたい方がいたら是非(笑)

でも内容は、一応キチンと話しますよ(笑)

少人数での栄養講座も受け付けております

また、個人相談もテレビ電話を使用することも可能です

気になる方はご連絡ください



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアをお願いします!
2

坂口望

3人の子育てを機に、働き方を模索 栄養士が在宅ワークできること パートで働きながら空き時間で自分のしたいことを仕事に 今までの仕事は、求人票からの応募はせず「働きたい所」で働いてきました 「転職」というワードが浮かんだ栄養士さんお待ちしています 管理栄養士/公認スポーツ栄養士
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。