2018.3.22

 今日は月一度の通院日でした。去年の終わり頃、自分がれっきとした病人であることが分かった時は、正直、相当凹みました。その病気がもっと進むと、心疾患など命に関わる病気になるけれど、現時点では全く命に別状のない病気なのですが。おかげさまで発見が早かったため、着実に回復しております。不幸中の幸いですね。

 病気になったおかげなのかな、健康にやたら気を使うようになりました。普通の検診だけではなく、胃カメラも大腸内視鏡検査も毎年やるようになりました。おかげさまで悪性になる前のポリープを3個除去できました。

 さて、「アンナチュラル 」の分析をしたいのですが、そればっかりにも時間を費やせません。なので、思いついた時にメモとして書き残していきます。

 今日の「アンナチュラル 」のポイント 伏線のうまさ①

1. 初回の冒頭シーンで東海林さんが、「異性間交流会(つまり合コンです)」に、ミコトを盛んに誘っていました。それは東海林さんの性格や人柄を表すシーンなのだと単純に思っていましたが、実は第6話への伏線なのでした。ちなみに第5話で東海林さんが非常に月額費用が高い「ジム」に通っていることもさりげなく出てきましたが、それも第6話への伏線でした。

2. 三澄家の家族

父:昆虫学者 (最終話で重要な役割を果たす)

母:弁護士 (第4話、第8話、で活躍する)

弟:予備校講師 (第5話で活躍)

 お父さんは一度も姿を表さなかったので、昆虫学者とはいっていましたが、物語に関係してくるとは思っていませんでした。最後の最後で、不在にして大活躍。恐れ入りました。

 お知らせです。明日から、また小説を(短編ですが)、アップする予定です。ひょっとしたら明後日になるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

文章を書いて生きていきたいと思っております。私の文章が気に入ってくださったら、ぜひ、サポートをお願いします。励みになりますので。

3

Ran

ブログ

徒然なるままに、日常生活の中で感じることを書いていこうと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。