わたしは不器用だから人生を賭けるしか能がない。


アオイエにはストイック集団が数名いる。

会社に務めながら自分のやりたいことのためにデザインを夜な夜な独学で勉強しながら、なんだかアオイエの運営もやっているスーパー社会人1年目マン。

とにかく「コミュ力おばけ」でベンチャーで新規事業をつくってきた経験があり、生まれながらの器用で天才肌、なのに全てをアオイエに捧げて頑張っている天才器用少年マン。

慶應医学部という秀才でありながら、独学でプログラミングを勉強して自分のサービスで会社を立ち上げようとして部屋にこもってひたすらコードを書いているトルネード級のイケメン医学部マン。

ゆるキャラでありながらも、ずっと投資をやって儲けながら、独学でプログラミングを勉強しつつ、上記の医学部の子と一緒にビジコンに出たり、社会起業のプログラムに参加しながら起業の準備をしているゆるキャラだけどゴリゴリマン。

そして史上まれにみる炎上を遂げて、総理大臣から名指しでネットで指摘され色んなことがあったけれど、それでも立ち上がってNPOや株式会社をボコボコ立ち上げて、アオイエを60人の住民がいるコミュニティに。そしてさらなる発展を遂げようとしているシジミ界のアイドルマン。

………わたしはすげー家に来てしまったんだな。と思う。そしてやっぱりこの家に来てよかったなとも思う。

わたしもストイックにやりたくなる方だけど、彼らを見ていると自分のどこがストイックなのかわからなくなってくるし、時々詰められると図星すぎて「あー全然だめだ」と思って毎回悔しくなるし、躍起になって「こんちくしょう!!!」と思いながら、泣きながら作業したり、自分と向き合って「ばかやろう!」と嘆いている。(割とガチ)もっとストイックに、もっと自分のために、もっとチームのみんなのために自分が持てるだけの時間と力を費やそうとしている。

頑張っても結果が出なかったら意味はないし、頑張ってもみんながついてこなかったら意味はないし、頑張っても誰も応援してくれなかったら意味はないし、頑張っても頑張っていることが頑張った結果として何かに現れていなかったら意味はない。

そう思うと、大丈夫かな?不安だな。わたしにできるのかな?心配だなと思って、「うわああああああああ」という渦の中に入っていく。

たぶんその根幹は、たとえば学歴・学力ロンダリングをしてきたことや、周りの就活という流れに抗っていることがあって。わたしは時々でリスクテイクをして、その道を選択しているんだけど、ふとした瞬間に言いようのないプレッシャーの中にある孤独を感じて、辛くなるときがある。

それでも、この道で間違いはないと思って、信じて、がむしゃらにやっていこうとしています。わたしもこのストイック集団に馬鹿にされないように自分の人生にたいして、もっとストイックに考え込んで、何をやりたいのか、成し遂げたいのか、もっともっと考えて、出し切って、わたしにしか出せない空間・雰囲気・感動・涙・共感を体現していきたい。

わたしは今このCobitoという活動に、自分の人生をちゃんと賭けてやっていこうとしています。ちゃんとここに残せるものを残していきたいと思って、こんでもかっ!ってくらいの努力をしていきたいと思っています。

そうやって毎日を送っているとすごく幸せなんです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

あべあいり

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。