花を一輪、わたす習慣

ひさびさにお会いしたひとに、お花を一輪、持っていくことがある。

約束の前にふらりと花屋に足をはこんで、そのひとのカラーイメージを頭の中にうかべてワクワクしながら、一輪だけ花をえらぶ。

かんたんな包装をしてもらって、まちあわせ場所や、お店でそれを渡す。
いきなりに差し出すと「え?なんのお祝い?」とびっくりされてしまうから
「可愛かったから」「なんか似てたから」
なんて補足しながら、そっと手渡す。

そうすると、一瞬おどろいた顔からふわりと、たいてい、やさしい笑顔に変わる。それを見ると、こちらもたまらなく嬉しくなる。

そんな、お花が持ってきてくれるコミュニケーションが、だいすきだ。

この優しさをわたしに教えてくれたのは、タビナカの今野 珠優ちゃん。

ある日彼女から「のんちゃんに似てたから」とお花をもらったときに、ふわっと訪れたしあわせな感情に、とてもとても衝撃を受けた。

「今日いいことあった?」なんて聞かれると、うーんと迷ってしまうことが多い。それは多分、よくも悪くもマンネリ化してしまった平和な日常から、あえて特別を探すことが、むずかしいからなのかもしれない(それはつまりとても幸せなことなのだけれど)

だけれど、この日もし、同じ質問をだれかにされていたら、まちがいなく
「珠優ちゃんがわたしを想ってお花を選んでくれたこと!」と即答していただろう。

待ち合わせの10分前に花屋にいって、そのひとを想ってお花を一輪だけえらぶ。たった10分で、1コインでできる、心に残るコミュニケーション。

お花をプレゼントすることが、お菓子やジュースをあげるくらいに、もっともっと一般的になればと思う。
きっと日々のしあわせが、増えるはずだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、旅先でエネルギーをもらうために、使わせていただきます*

今日も良い1日になりますように*
22

古性のち

今日のなんでもない日記

放っておいたら、しゃぼん玉のようにいつか頭から消えてしまいそうな、だけれどどこかに残しておきたいような、ふとした日常のひとりごと。昔のmixiのような、とりとめのない文章を認める場所に。

コメント1件

なんて素敵な習慣なんだろう、って思いました。私も真似させていただきますね。教えてくださってどうもありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。