見出し画像

格好なんかつけなくて良いんだって。誰も見てやしないから。

と、雑なことを思い始めてから文章を書くのが楽しくなりました。
前は本当に全然書けなくて。言葉を紡ぐのに1週間かかるのもザラでした。もちろん、たくさん考えて考えて考えて紡いだ文章は美しいけれど。
たった1度の幻のホームランを狙うより、とにかく小さな当たりをたくさん狙いたい。そんな気持ちな今です。

結局、全然テンポよく書けなかったときの原因って、必要以上に格好つけようとしていたからなんですよね。
そんな顔の見えない誰かを気にして格好なんかつけなくって良いの。誰も気にしてるほど、自分のことなんて見てやしないんだから。

そう思うと、肩の力がするり、抜けるよ。

今、波照間滞在中は午前中宿の手伝い、午後は自分史の執筆、という時間の使い方をしているのだけど、久々に言葉と写真以外の仕事をしてみたら、「ああ早く言葉に触りたい」
「ああ早く写真撮りに行きたい」
ってなって、とてもびっくりした。
もちろん、今の仕事が好きだなあという自覚もあったし、言葉を紡ぐのも、写真を撮るのも好きだったのだけど、自分の予想以上に好きだったのだなあと実感しました。うーん。こんなに好きだったのか。

離れてみると、どんだけ好きだったか、って見えやすいよね。
仕事も恋も一緒だね。

短いけれど、今日のまいにち日記はここでおしまい。

ところで今、島には台風が迫ってきていて、明日から避難生活になりそうです。もう観光客は避難しちゃって、島にはほとんどすれ違うひともなく。
ありえないくらいの満月が出てるので、多分明け方死ぬほど星が綺麗なはず。起きれたら大好きなカメラを連れて、出かけてみるつもりです。起きれるかな。

今日も、良い夢を。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、次に書くnoteの活力として使わせていただきます....!

とても嬉しいです*
37

古性のち

フォトグラファー / 物書き。珈琲ブレイクのようなホッとした時間を綴ってます

読み返したいnote

読めてよかったです。また読みます!
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。